MBC特別企画ミニシリーズ

 

MBC특별기획 미니시리즈

弁護士

애드버킷
advocate


                  Data

MBC作品 全16話

 

                 配役

 

 

 

 

김민규/손창민
キムミンギュ
(ソンチャンミン

父の死がきっかけで法曹人をめざし、司法研修院を卒業後、進路が決まらぬまま、ふとしたきっかけでヒョンマンの仕事を引きつぎ弁護士になることに。名誉や富にこだわらず、常に弁護する人の立場に立って考える正義感と暖かい心を持つ熱血漢。

이은지/이영애
イウンジ(イヨンエ

ヒョンマンの弁護士事務所で秘書のアルバイトをしながら法層人を目指して勉強している美しく心優しい女性。常に依頼人に誠実に接するミンギュを尊敬し意識するようになる。ある日、最愛の父ドングァンが本当の父ではないことを知ってしまう。

장혜미/송윤하
チャンヘミ(ソンユナ)

真っ直ぐな性格の敏腕女検事。ヒョンマンの娘であるが両親は離婚している。離婚の理由をヒョンマンが母を捨てたと思っている為、ヒョンマンを避け弁護士にならずに検事になった。冷静な目で物事を見極め何事も合理的に行うその姿は時に冷淡にも見えるが実は暖かい気持ちの持ち主。ミンギュの影響を受け手腕だけでなく心も持ちあわせた検事に成長してゆく。

오준성/전광렬
オジュンソン
(チョングァンニョル)

ミンギュやチョロと同じ司法研修院出身の先輩で神話ローファームを代表する実力ある弁護士。ミンギュとは正反対に目に見えない価値は信じず、心や正義よりも名誉や権力を重んじる。ミンギュが担当する事件にかならず敵対する立場で登場するライバル。

 

 

 

 

진형만/신구
チンヒョンマン
シング)

へミの父。スングォンとは大学の同級生で学生時代から何かとライバル関係にある。スングォンと争って結婚した妻と離婚すし、ヘミとも10年あまり離れて暮らしていた。自分が肺ガンで余命わずかということを知り、ミンギュに自分の仕事を引き継ぐ。ミンギュの精神的な柱となる師。

서승권/박근형
ソスングォン
(パククニョン)

元は有能な検事だったが、娘ウンジが誘拐され、娘を探すために検事をやめた。その後有能な弁護士を集め神話ローファームを組織する。野心家で合理主義者。自社が担当する裁判にはどんな手を使っても勝訴するように教育している。ヒョンマンが妻と離婚した後、なにかとヘミ母子の援助をし、ヘミをとてもかわいがり自分の後継者にと考えている。ジュンソンに目をかけているが、タイプの違うミンギュの実力も気になっている。

한철호/김상경
ハンチョロ
(キムサンギョン)

ミンギュの幼ななじみで司法研修院の同級生。常にミンギュの次のNo2の立場であったがミンギュがミョンソクの保護を引き受けたことで検事の道に脱落してしまい、保護を断った自分が念願の検事に採用されたことでミンギュに対して少し罪悪感を感じている。ヘミに憧れ、同じ事件を担当するようになり憧れが愛に変わってゆく。

 이동관/주현
イドングァン(チュヒョン)

ウンジの父。実は本名をチョンガニルと言い、若い時は伝説に残るような一匹狼の窃盗犯だった。スングォンに無実の罪をきせられ拘束されているうちに実の娘を病気で失い、その身代わりにスングォンの娘ウンジを誘拐し自分の娘のように育てる。

 

 

 

 

 고명석/최철호
コミョンソク
(チェチョロ)

ミンギュの幼友達。正直ゆえに時代の不条理に対応できず、こぶしの世界に生きている。留置所に入っていたところをミンギュの保護で助けられたことに感謝して、ミンギュが関わる事件の調査に協力するようになる。

임혁수 /정욱
イムヒョクス
(チョンウク)

大財閥セビョングループの会長で神話ローファームの最大の顧客。息子が起こしたレイプ事件の裁判もジュンソンを使って勝訴に持ち込んだ。政治との癒着で莫大な権力を持ち、野望とお金があれば何でもできると信じている。

 

 

 

                      Story

このドラマの原題である「advocate」とは、英語で「主張する・弁護する」という意味。このドラマでは、口に出して言えない立場の人の言葉を代弁する法曹人(法律に携わる人、裁判官・検察官・弁護士など)を示している。「弁護士」が放送されるまで、ドラマに登場する法曹人達は、その「他人の代弁者」だという本来の意味からかけ離れて、自分の利益を重んじる否定的な姿で描かれることが多かった。そこで「弁護士」ではソンチャンミン演じる熱血弁護士ミンギュを中心として、新しい姿の弁護士を描いていこうというコンセプトで作られた。
 若い司法研修院生が偶然のできごとに巻き込まれるうちに弁護士としての進路を決めて、法曹界の誤った慣行と対立しながら経験する葛藤と挫折を通じて成長していく過程を描くことによって視聴者達に法の存在意味と価値について考えてもらいたいという思いが込められている。

 

小学生の頃、ミンギュ(ソチャンミン)は父が建設現場の足場から落ちて死亡する所を目の前で見てしまう。その事故の原因は会社の過剰な労働の強要と粗悪な労働環境のせいだと感じたミンギュは法律事務所に相談に行くが子供であるがために全く相手にされない。その事実に失望した彼は、自分が法にたずさわりどんな人にも平等にしようという信念を持って法曹人をめざすようになる。
ある日、ミンギュは偶然自分の父と同じように過剰な労働が原因で夫が死んでしまったと大会社を告訴する妻の裁判をみかけ、自分なりに調査を進めて裁判の弁護をしている
ヒョンマン(シング)の事務所に自分の正体を告げずに情報を与える。
そんな時、ヒョンマンが倒れてしまい途方にくれた秘書の
ウンジ(イヨンエ)は、情報を与えてくれたミンギュを必死に探しあてる。結局ミンギュはヒョンマンの仕事の続きを引き継ぎ弁護士としての第一歩を踏み出すことに。
ミンギュは、企業の不当労働強制や強制的なリストラ、レイプ事件、医療ミス・・・数々の事件にたずさわりながら弁護士として成長してゆく。
 

 

                    Ost

1.Prologue"Triumph"(Inst)    
2.僕のそばにいてくれ 歌 ハルリクイン ・・・オープニングテーマ
3.Good-bye 歌 カンイン  
4.追憶の中に 歌 クムガワ  
5.Promises(Inst)    
6.告白 歌 カンイン  
7.White Christmas 歌 Connection&シンヨナ  
8.いつまでも(Guiter Solo)    
9.Run to You 歌 シンジ  
10.Seoret 歌 カンイン  
11.外傷(Inst) 歌 チョンギソン  
12.冬の部屋(Piano Solo)    
13.Good-bye(Guiter Solo) 

 

 

14.追憶の中に(Piano Solo) 

 

 

15.Epilogue”Justice”(Inst)