MBCミニシリーズ
ひまわり

해바라기

配役紹介

 

チャンヒョヌ
(アンジェウク)

合理な医学的判断力と繊細な手術能力の持ち主、と同時に虚無主義的、冷淡な対人関係を維持する。
牧師の父が手術可能な病気であったのにもかかわらず、「病気も神の意志」として治療を受けずに死んでいったという過去があるため、牧師とは正反対の医師になることを選んだ。ハギョンとは恋人同志であったが、ある誤解から別れる。スヨンに惹かれはじめるが、愛についての恐怖心とハギョンへの未練から、なかなか受けいれることができない。

ソナムジュン科長
(ソギョンファン)

部下の医師達を自分の子供のように、暖かく時には厳しく見守るユーモアに富んだ神経外科長。脳腫瘍の自分の幼い息子を、自分の手で手術したものの救えなかった傷を持つ為、患者の気持ちをいつも理解し、特に子供にはとても優しい理想的な科長である。

ハンスヨン
(キムヒソン)

多感で自立心の強い内科の研修医。患者にも同僚にも好かれる優しい性格。強い理想を持って働いている。父が他に女性を作って家を出て、それが原因で母が自殺をしたところを目撃してしまい、精神病になったという過去を持つ。
初めは冷淡なヒョヌに反発していたが、彼の内なる優しさを知り、徐々に惹かれていく。

ゴサンド
(アンジョンフン)

みんなを明るくする研修医チーフ。高慢で口うるさいところもあるが、それも後輩を想うゆえである。看護婦のウンジョンと恋に落ちるものの、不治の病にかかり病院を去ることに・・・。

チェハギョン
(チュサンミ)

大胆、率直で、手術技術も高い女医。ヒョヌと大学が一緒で、研修医の時代に恋人同志になるが、その時に起きた医療事故が原因でヒョヌを残し、アメリカへ留学してしまう。
留学から戻り、ヒョンヌへの誤解に気がつくが、スヨンの存在と自尊心から素直になれない。

ホジェボン
(チャテヒョン)

研修医1年目で、医者としての自覚に欠けるために、いつも問題を起こしてサンドにしかられている。
スンヨンを他の患者と間違えて手術台に乗せて髪をそってしまったためにスンヨンにつきまとわれる。

ホジュンソ
(ナムソンジン)

ヒョヌハギョンとは大学時代からの親友で、ずっとハギョンを想っている。ハギョンがアメリカから戻ってきたことがきっかけで妻と離婚することになる。
ヒョヌに対していつもどこかコンプレックスを抱いていて、ヒョヌとハギョンがわかれる原因となった医療事故を犯したのは本当は彼であったが、それを素直に告白することができなかった。卑怯な一面もあるが、
本当はとても人間味のあふれる医者である。。

ムンスンヨン
(キムジョンウン)

精神科に入院している患者。いつも奇妙な行動をとってジェボンを困らせる。元産婦人科の看護婦で、赤ちゃんを落として死なせてしまった罪悪感から精神病患者になった。

グォンインチァン
ハンジェソク

純粋で温厚な性格な、ヒョヌの後輩。患者にいつも誠実に接し、良心を失わないように努力する。スヨンを愛していて彼女がヒョヌを好きだということを知るが、あきらめずに彼女を影から支え続ける。