KBSミニシリーズ
天使のKISS


               Cast

チャンテジュ
(チャスンウォン)

製薬会社に勤務している研究員。天使と悪魔に管理されている100人の人間の最後のひとり。その事実を知って自分の生き方に悩む。

ハンソラ
(ユホジョン)

普段は人間として生活しているが、本当は天使。急速に力をつけた悪魔から、最後の人間テジュを守るためにいつもテジュの近くにいる。

イモッコン
(チョミンギ)

テジュの働く会社の企画理事長。本当の姿は悪魔。テジュの心に悪魔の方を選択をさせようと近づく。

チェセリム
(パクサンア)

テジュとは10年来の恋人同士であったが、弱みを握られている上司にテジュの開発した新薬の開発ノートを渡してしまったことから亀裂が生じる。悪魔に翻弄される人間のひとり。

              

                Story

 

天使と悪魔はいつも私達のそばにいます。心の中である可能性を持って・・・・またはあなたの周りで人の姿をしている可能性もあります。しかし、悪魔と天使を選択するのは自分自身の意思です。悪魔の誘惑はいつも甘い・・・あなたはそれにたちむかうことができますか?

 天使と悪魔の対決がみどころの「悪魔のKISS」は、今までみたことのないようなニュータイプのドラマです。
マンガちっくな話であるのにもかかわらず、内容はいたってシリアス。

 

製薬会社に勤務するテジュ(チャスンウォン)は、自分の開発した強壮剤「ティエスプラス」の開発ノートが何故か上司のソンジュンに渡り、彼の開発したものとして発表されたことを知り愕然とする。それは、長年の恋人セリム(パクサンア)が関係しているとしか考えられないからだ。
 セリムはソンジュンにリストラで辞めさせると脅迫を受け、しかたなくしたことだと言った。

一度はセリムを許したテジュ。そんな時、企画理事のモッコク(チョミンギ)がテジュに声をかける。「私は本当に新薬を開発したのが君だとわかっている。私に手を貸してくれないか?」と・・・。

セリムにはそれだけではなく、ソンジュンと事故で人を殺してしまいその死体を隠したという過去もあった。自分が助かること、欲望や出世のために純粋な心をなくしてしまったセリムにテジュは幻滅し、悩む。

そんなテジュの前にソラ(ユホジョン)があらわれる。そして、彼に衝撃の事実が語られる。信用していたモッコクの実態が悪魔であること。ソラは人間の身体をかりた天使であることを。

 

 

その昔から、天使と悪魔は常に人の心の中で相対して戦ってきた。すべての天使と悪魔はひとりで100人もの人間を管理することになっているが、ソラの管理する人間はここのところ急速に力をつけた悪魔に魅せられてしまい、のこる最後の一人がテジュであるというのだ。信じることのできないテジュ。しかし、必死に自分を守ろうとするソラとしだいに心をかよわせてゆく。

果たして彼は天使と悪魔のどちらを選ぶのか・・・?

                          


RETURN  HOME