SBS創立10周年特別企画

SBS창사10주년특별기획

トギ(徳)

덕이


 

 

정귀덕/김형주•신지수
チョンキドク(キムヒョンジュシンジス

パルチザンの父親が、韓国戦争の真っ只中に生まれたばかりのキドクをどうすることもできずにチョン家に預けた。同じ日に生まれたキジンと双子として育てられるが、その出生の秘密は育ての母シルレの胸に秘められている。
幼い頃から貧しい家庭の為に、妓生の小間使いや母屋の子(老人の話し相手役)などをして働く。いつも問題を多く抱える父や兄の犠牲になり、またキジンには激しい嫉妬心から何かと妨害にあうが、雑草のように逞しく向上心を失わない。その優しい気持ちとひたむきな心は多くの人を惹きつける。成長してからは漢方学を学んで漢方薬局を開業しながら家族を支える。

 

 

장귀진/강성영•이정윤
チャンキジン(カンソンヨン・イジョンウン

キドクと双子として育てられるが、その性格は全く逆、負けず嫌いでプライドが高く自分の思いどうりにしなくては気がすまない。貧しい暮らしが嫌でたまらず、実の家族さえもうとましく感じている。中学生の時に、チョン郡長がキドクを養女にと申し出たことを知り、策略をめぐらせて自分が養女になってしまう。自分の成功の為に、いつも純粋なキドクを犠牲にしているがまったく罪悪感も持っていず、郡長がいつもキドクを気にかけることも気に入らない。

 

 

 

 순례/고두심
シルレ (コドゥシム

キドクの育ての母。夫ハングクの為に貧しい生活をすることになり、いつか家を立てなおそうと薬草採りや農業をして必死に働く。家族を第一に考える昔の典型的な韓国の母で、長男ピョンスの殺人をかばい5年余りも刑務所で過ごす。キドクの出生の秘密を胸にしまうが、キドクが血のつながらない家族の為に犠牲になっていることに胸を痛めている。
 

 정한국/박영규
チョンパングク(パクヨンギュ

キドクの育ての父。精米所を営む裕福な家の息子であったが、放蕩癖があり財産を食いつぶしてしまう。挙句貧しい暮らしが嫌で蒸発するが、数年後ダンスホールを開く為に妾のスッキを連れて戻ってくる。家族達に「いつか良い暮しをさせてやる」と言ってはいるが、一攫千金ばかりをねらって一向に改心しないならず者。

 

 

 최달중/조형기
チェダルジュン(チョヒョンギ

シルレの義弟でキドキの叔父。妻スニョンの美容室の隣で床屋を経営している。酒好きでお調子者ではったりばかり言っているが、妻には全く頭が上がらない。キドクをとてもかわいがっている。

 本職はギャグマン。最近では中華料理のファーストフード店を開店するなどマルチな活躍を見せている。 

 

 순영/이혜숙
スニョン(イヘスク

シルレの妹でキドクの叔母。美容室を経営している。はっきり者を言う性格で、いつも夫をしかりつけている。はじめはキドクに優しかったが、偶然出生の秘密を知ってしまいよそよそしくなる。

 

 

 정병수/박상민•정소영
チョンピョンス (パクサンミン・チョンソヨン)

チョン家の長男。父のせいで貧しい暮しを強いられていることを恨み、その父の血をひいていると言ってはケンカにあけくれている問題児。楽をしてお金を稼ぐことばかりを考えて、兄と慕っていたヨングクでさえも裏切ってしまう。シニョンの美容室の助手であったメリーソン(조여정チョヨジョン)に恋して結婚をせまるが拒否されて、あやまって殺してしまいシルレがその罪を被って刑務所に入ることになる。

17歳までのピョンスを演じたチャンソヨンは、ゼンナム科学大学モデルイベント課に通う25歳。1994年より端役をしてきたが、「トギ」に抜擢され、続いて2000年11月公開予定の映画「サイレン」にも消防隊員の役で出演する。合気道3段、格闘技1段の腕前。演技をはじめる前は悪いことばかりしてきたが、今は演じることが本当に楽しいとのこと。

 

 

 정병호/정성환•이재현
チョンピョンホ (チョンソンファン・イジェヒョン

チョン家の次男。幼い頃から母を農業をしてキドクと共に懸命に生きて来た。技術を身につけようと精米所で働き始めた矢先、キドキが精米機のコンベアーに巻き込まれそうになるのをかばって片腕を失ってしまう。自分に未来がなくなってしまったこと、キドキが自分に対して常に罪悪感を感じていることに絶望して、行き場のない気持ちをどうすることも出来ずに苦悩する。

成人したビョンホを演じるチョンソンファンは1994年SBS公開採用5期タレント出身。ドラマ「ジャズ」でハンジェソク演じるハヌルを好きになる同性愛者役で注目を浴びる。その後は「私のなかの天使」、「カラー」、「かたいやつ」に出演するも、これといって注目されなかった。しかし、「トギ」の出演で再び注目を集めはじめている。SBSの新しい1日ドラマ「しきりに会いたい」にベンチャー企業家の役で出演が決定している。

 

 

 장천일/백윤식
チャンチョニル郡長
(ペクユンシク

キドク達が住む村がある郡の郡長。1年前に娘を亡くし、絶望している時にキドクと会う。その純粋さひたむきさに惹かれて養女にと申し出るが、キジンの策略により阻まれ、キジンを養女に迎える。その後もキドクをあきらめきれず何かと気にかけキジンをやきもきさせる。キジンの自分勝手な本質を見ぬいてはいるものの、キジンをかわいがる妻とキジンの幸せを願う健気なキドクの為にキジンを受けいれる。

 정애/이덕희
ジョンエ (イドッキ

郡長の妻でキジンの戸籍上の母。頭の良いキジンを無条件に可愛がり甘やかす。郡長がキドクにいつまでも未練を残す為にキドクをうとましく思っている。

 

 

 

 박영국/김태우
パクヨングク(キムテウ

物乞い集団のワンチョ(ボス)。ふとしたことからキドクを知り合い、数日間ともに過ごしているうちにキドクのひたむきさに感動を覚えて、いつもキドクを支えてくれる存在になる。キドクの影響から物乞いをやめ、実業家に転身、キドクが成長してからはキドクの薬局の隣に店を構えてキドクを見守っている。いつからかキドクを女性として愛するようになる。
 

 박석만/김정민
パクソンマン
(キムジョンミン

キドクが母屋の子として入ったパク家の孫で大学卒業後はバス会社の専務をしている。キドクが祖父を純粋な気持ちで介護する姿を見て感動を覚え、父親と共にキドクを金銭的に支援する。ヨングクと同様にキドクを見守ってきたが、やはり成長したキドクを愛し始める。

 

 

 임지석/박정철
イムジソク
パクチョンチョル

キジンの戸籍上のいとこで西洋医学を学ぶ医大生。キジンの家に向かう途中のバスの中で急性胃炎を起こしたところをキドクの針と漢方薬で助けられ、東洋医学を学ぶキドクに関心をもち、キジンの「キドクは男性関係が複雑な二重人格者だという」言葉にも耳を貸さない。キドクはキジンの存在が気になってジソクを意図的に避けるが、ジソクはキドクに急速に惹かれていく。

 양숙희/이자영
ヤンソッキ (イジャヨン

キドクの父ハングクの妾でありながらも、本妻シルレの人情に厚い人柄を知って姉のように慕い、キドクやピョンホもかわいがっている。あまりにも純粋で、どんなにハングクに酷い目にあわされても耐えている。

 

 귀덕의 생모/김혜영
キドキの実母(キムヘヨン

パルチザンで韓国戦争が原因で聾唖者になる。智異山に入り込み密かにキドクを生むが、夫がチョン家にキドクを預けたことから親子離ればなれになってしまう。数年後子供を捜しに現われ、キジンが自分の子だと思いこみ北朝鮮につれていこうと企てるが失敗。娘への恋しさを抱いたまま波乱万丈の人生を送る。

北朝鮮出身のということで注目を浴びているタレント。ピョンヤン演劇映画大学を卒業後、1998年より韓国で活躍し始め、現在はメディアを通じて南北の文化交流の為に活躍している。ドラマ出演はこれが初めて。北朝鮮独特のなまりを直すために発声の猛練習をしている。 

 

 

 

 재동/윤기원•최상학
ジェドン(ユンギウォン・チェサンハク)

ダルジュンの床屋の助手。見習時代はドジばかりだったが、ダルジュンがアル中でかみそりを持てなくなってからは店を背負って立つ存在になる。ダルジュンの妻スニョンは腕の良い彼が店を出て行かないように、美容師助手のエリ(パクシウン)との仲を取り持とうと必死になる。

 

創社10周年を迎えたSBSは、2000年は非常にドラマに力を注いでおり、その代表的な作品が「トギ」である。韓国において週末の夜7時50分時から放送されるドラマは「週末ドラマ」と呼ばれ、各放送局とも視聴率獲得争いに必死、まさに放送局の面目をかけた放送枠となっている。KBSはより人気新世代俳優ウォンビンを起用した「コッチ」を放送、はじめこそ視聴率を獲得できずにいたが、徐々に人気を集めて視聴率を上げてきている。対してドラマ王国MBCはキムホジンキムジホ主演の「恋は誰でもするけれど」で対抗したが、「コッチ」の人気が高まるにつれ視聴率が後退。MBCは「薔薇と豆もやし」「愛するあなた」と週末ドラマでは一人勝ちを続けて来たがここにきてドラマ王国の面目を守れないでいる。そして「トギ」はこれら2つのドラマよりも1時間遅れの夜8時50分より放送、KBSとMBCが王道も9時のニュースを放送する時間にドラマをぶつけてきた。子役達の健気な演技が話題になって視聴率はぐんぐん上がっていき旋風を巻き起こしている。
 

韓国戦争当時である1953年から光州民主化抗争に至るまでの時代を背景に、波乱万丈に生きていくキドクとその家族達の人生を描いたドラマ。
パルチザンの娘として生まれ、精米所に預けられた
キドク(シンジス)はその家で同じ日に生まれたキジン(イジョンウン)と一卵性双生児として育てられる。しかしそのふたりの運命的な出会いは悪縁のごとく何かとぶつかりあうようになる。キドクが預けられたチョン家はもともと豊かな暮しをしていたが、放蕩息子のハングク(パクヨンギュ)がその財産を食いつぶして蒸発し、残された家族は貧困に苦しむ。その挙句ハングクの長男の問題児ビョンス(チョンソヨン)がケンカをしては治療費を払わなくてはならなくなり、ますます暮しぶりは悪くなる一方だ。
そんな中キドクに郡長の家との養子縁組の話が持ち上がる、それを知ったキジンは自分が養女になりたいが為に、母の名前で郡長に嘘の手紙を書いて代わりに養女となってしまう。一方キドクはその策略を知りながらも姉の幸せの為に知らぬふりをして自分は妓生で働くことになる。他人に対して奉仕と犠牲の精神を持ち合わせたキドクと、何でも自分のおもいどうりにしなければ気がすまない自己愛の強いキジン。全く正反対の二人の因縁は成長してからも続いていく。

 

    

 

「トギ」は、ドラマの人気と共にOSTにも注目が集まっている。
このOSTの中で、日本で大活躍しているケウンスクが18年ぶりに自国で新曲「私ひとり」を発表したからだ。
「私ひとり」は、「トギ」の舞台となっている1950年~70年代感覚のメロディで、韓国女性の強靭な人生の意思を描いた曲である。また、他には時代の流れに合うように数曲の外国曲を挿入し、ドラマの感動を呼び起こすようになっている。

オープニングテーマである「トギ テーマ」など、すべての人物別テーマ曲を作曲したのは、KNTVでも毎年放送されている「MBC大学歌謡祭」出身の新鋭作曲家イヒョクチュンで、国内音楽とオーケストラをクロスオーバーさせた新しい音楽として注目されている。

 

1. 私ひとり

ケウンスク

・・・エンディングテーマ曲

2. Over the Rainbow

Carol Kidd

 

3. Seven Daffodils

Carol Kidd

 

4. Ya Zavu Dozsh

Alexander Ivanov

 

5. Solveig's Song

meav

 

6. Alone Again

Gillbert O'Sullivan

 

7. 私ひとり(fluet ver.)

 

 

8. トギ テーマ

 

・・・オープニングテーマ曲

9. キジン テーマ

 

 

10.母 テーマ~母情

 

 

11.父 テーマ~父の名前で

 

 

12.ビョンホ テーマ~約束の土地

 

 

13.パクヨングク テーマ~沈黙の彼方

 

 

14.新しい始まり

 

 

15.母川

 

 

16.深い所の叫び

 

 

 

 


 

RETURN  HOME