SBSドラマスペシャル

 

SBS드라마스페셜

青春の罠

청춘으덫


 

 

서윤희/심은하
ソユニ(シムウナ

9歳の時に両親を亡くし祖母と叔母に育てられる。愛情を注がれて育ったものの孤児と境遇が孤独の影を落としていた。ドンウと知り合いと恋に落ちドンウに自分の存在の意味を感じて献身的に尽くす。ドンウが軍隊にいる間に未婚のままドンウの子供を身ごもり密かに娘へリムを出産する。ドンウが就職したら結婚をする約束をしていたのだがヨンジュの存在によりドンウに裏切られて捨てられてしまう。ドンウの裏切りも一度は受け入れる献身的な女性だが、ヘリムの死によりドンウへの愛が憎しみに変わる。ドンウへの復讐心から、ヨンジュの兄ヨングクの接近を受け入れドンウを追い詰めるようになる。

강동우/이종원
カンドンウ(イジョンウォン

貧しい漁村の家庭に生まれ、堂々と生きつつも貧しさゆえの卑屈さを持っている。大会社の娘ヨンジュに求愛された事で運命が大きく変わる。貧困から逃れる為に出世を望み、ヨンジュを選択して糟糠の妻であるユニを捨てる。非情な男であるが、心の底ではユニとヘリムに対する罪悪感を持っていて、それから逃れるためにヨンジュを愛していると思い込もうとしている。

노영주/유호정
ノヨンジュ(ユホジョン)

海運会社のオーナーの娘。会社創立記念パーティで知り合ったドンウに一目でひかれユニの存在は知らずに出会って3ヶ月でプロポーズする。ドンウの自信に満ち溢れ男らしい態度に、ドンウを今まで会った43人の男の中で一番誠実な男と言いきって周囲の反対に強引に押し切り婚約する。感情がストレートで気が強いが純粋。数年前に自分が戸籍上ではハン女子の娘だが実は妾のイ女子が産んだ娘だと知りってから自分を産んだイ女子を穢れた存在だと非難して反抗的な態度をとる。

노영국/전광렬
ノヨングク
チョングァンニョル

ヨンジュの実兄。イ女子の産んだ長男で優しさ繊細さから妾の子であるということで傷ついていて無気力に生きてきた。米国留学から戻り、以前から美しくて近寄りがたい存在と思い密かに想いを寄せていたユニを真剣に愛するようになってからは真面目になり、イ女子とノ会長の強い要請で会社経営にも乗り出す。ユニの過去やドンウとの関係を知るようになってもユニへの想いは揺るがない。

 

 

한여자/김용림
ハン女子(キムヨンリム)

ヨングク達のすでに死亡した父の正妻。自分が子供が産めなかった為、ヨングクを産んだイ女子の存在を認めざるを得なくなった。イ女子にヨンジュが産まれた時に離婚される可能性もあったが、夫はイ女子は痴呆症の実母(チョンエラン정애란)の面倒を見ることのできる女ではないと思ったため離婚をせず、ヨンジュを戸籍上自分の娘として認知させた。今は痴呆症の義母とひっそりと暮らしている。実の子でないヨングク達にも暖かく接する心の広い人物。

이여자/정영숙
イ女子
(チョンヨンスク)

子供が産めなかったハン女子の夫とホステスをしていた時代に出会い関係を持つ。後継者になりうる男児ヨングクを出産してから、家庭内での権力を手にして正妻であるハン女子追い詰める。欲が深く何としても会社の後継者をヨングクにしたいと考えているため、野心をもっているドンウの存在がうとましい。

 노회장/김무생
ノ会長(キムムセン)

ヨングク達の父の弟。兄が死んでからは会社経営を引き継ぎいでいる。兄の家族の世話をしていてヨングク達には父親のような存在。

지석/노현의
ジソク
(ノヒョニ)

ユニの従妹で同じ家に住んでいる。ドンウのユニに対する仕打ちを1番初めに知り直接ドンウにどなりこみに行くほどの熱い性格でユニの良き理解者。ヘリムを連れて公園に遊びに行ったときに事故が起き、ヘリムが死んでしまったことの罪悪感で苦しむ。

 

1978年にMBCで放送されて大旋風を巻き起こしたドラマのリバイバル版。ドラマ界の大御所シナリオライターで『言語の魔術師』という異名を持つキムスヒョンが再度書き下ろした作品。ふたたび大人気となり最終回は50%を越えるほど視聴率を残した。
1978年当時は時代背景が今ほど自由な傾向に無かったために『未婚の母』、『昔の恋人への復讐の為に恋人の婚約者の兄を誘う』という内容が「あまりに不道徳だ」とされ、圧倒的な人気を得ながらも一部世論の反対により中止を余儀なくされて、曖昧な終わり方をすることになった。その後映画で続編が作られたが興行的には今一つであり、1999年SBSによって再度ドラマ化されることになった。

リバイバルという限界があるのにもかかわらず、大成功を納めた理由に主人公ユニを演じたシムウナの演技が素晴らしかったこと、キムスヒョンが作り出す台詞の素晴らしさと緻密で隙の無い脚本が挙げられる。
また、1970年代では出世主義の男性とそれに自己を犠牲にしても献身的に尽くす女性という構図があったが、1999年版では、背信行為を犯した恋人に果敢に復讐するユニと愛する男の為にすべてを捨てても愛を貫こうとする情熱的なヨンジュというキャラクターと通じて、新世代の女性達の共感を得ることにも成功した。 

   

孤児として育ったユニ(シムウナ)は、貧困の家庭に育った恋人ドンウ(イジョンウォン)が軍隊に入隊しているときに彼の子供を身ごもり結婚をせぬまま密かに女児を出産する。ドンウが就職し生活が安定すれば結婚する約束だったが、ユニとドンウが働く会社の会長の娘ヨンジュ(ユホジョン)がドンウを見初めユニの存在を知らずにドンウにプロポーズする。
ドンウは貧困から逃れたいために、ユニと娘の
ヘリム(ハスンミ)に対する良心の呵責を感じながらもヨンジュの求愛を受け入れて、ユニに一方的に別れを告げる。信じられない仕打ちに取り乱すユニ。しかし、ドンウが自分よりヨンジュを愛しているのならと、ひとりでヘリムを育てる事を決心する。

しかしそんな中、悲劇が起こる。公園で遊んでいたヘリムが滑り台から転落して意識を失い、結局治療中に死亡してしまったのだ。ジソク(ノヒョニ)がドンウの会社にヘリムが危篤だという知らせを入れたが、ドンウはたいしたことが無いと判断して駆けつけることがなかった。その事実にユニはドンウへの愛が憎しみに感じるのを感じるのだった。

一方、ヨンジュの兄ヨングク(チョングァンニョル)がユニに好意を持ち接近する。ユニはドンウへの復讐心からヨングクの好意を受け入れようになり、ドンウは二人の急速な接近に危機感を感じ始める。またそのドンウの様子に不信を抱くヨンジュ。憎み合い傷つけ合うユニとドンウにヨングク・ヨンジュの兄妹が複雑に絡み悲劇的な四角関係を繰り広げる。

                            詳しいストーリー1話~10話分日本語字幕が無いため作りました。ネタばれ注意!)

mglass_01.gif大特集 「青春の罠」
     
(1978年の「青春の罠」、カルト情報etc・・・) 

mglass_01.gif「青春の罠」写真展

 

ドラマの人気と共に、メインテーマ曲「青春の罠」が大きな話題になりサウンドトラックも大ヒットなった。「青春の罠」は韓国内プログレッシブ音楽の先駆者であると同時にMBCのドラマや映画「ドクターボン」などの音楽を引き受けているアンジホンが作曲し、新人歌手ジスが歌った曲。だんだんとテンポが早くなる情熱的な曲の感じは、ユニとドンウの葛藤をとてもよく表現している。
また、ロシアの歌手V・ブレスニャクブが歌ったヨングクのテーマ曲「もう一度愛したなら」もサウンドトラックが発売される前からSBSに問い合わせが殺到した曲である。

1.青春の罠

 歌 ジス

 ・・・主題歌

2.Sad Days

 

 

3.大丈夫だと言葉では だけど

 歌 ジス

 

4.Emptiness

 

 

5.罠

 

 

6.もう一度愛したなら
 (原題 POMAHC)

  歌 V・ブレスニャクブ

 

7.Nothing

 

 

8.愛の歴史

 

 

9.大丈夫だと・・・(ドラマバージョン)

 歌 ジス

 

10.Bluesy

 

 

11.Poem without you

 

 

12.Epilogue

 

 

 


RETURN  HOME