事業報告

事業名

「MIFA 世界を知るシリーズ 第20回」
エルサルバドル共和国大使講演会
マルタ・セラヤンディア大使
講演題目: 「エルサルバドルを発見してみよう」

日時

平成25年2月23日 1:30〜4PM

会場

ログハウス

参加者

60名

配布資料など

 「El Salvador観光庁発行パンフレット」 16ページの表紙

講演内容

1)大使は日本在住が長く、流暢な日本語で通訳なしの講演会となりました。

a.  国家の概要
   ・エルサルバドルはグアテマラ、ホンジュラスと国境を接し、
    中央アメリカ中央部からやや北西よりの国で、太平洋に面します。
   ・国土面積は21,000平方キロメートル(九州の約半分)
   ・総人口は6.75百万人(2005年)で首都はサンサルバドルで、
    同市と近郊の衛星都市部の人口を加えると約2百万人となる。
   ・人種構成は大多数がスペイン系白人と原住民の混血であり、
    85%。公用語はスペイン語。

大使はエルサルバドルの内戦終結時に勝者・敗者を生み出さず
話し合いで平和を導いたことにより、その後の国の発展が著しい
ことを強調されました。

b. 自然、観光資源
    ・国土は起伏に富み、火山が多く地震も多い。
    ・火山が多いので風光明媚な観光地も多く、農牧地が多い。
    ・各地に美しい湖水が点在して、その多くは観光地となっている。

c. 産業
    ・海岸部中央の盆地は平坦で肥沃な農業地帯で、
     主としてコーヒー、サトウキビ、トウモロコシ、豆類を産出する。

メキシコ、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルなど
マヤ文明の遺跡が在る所では「トウモロコシ文明」が見られるとのことでした。

2) DVDビデオによるエルサルバドルの民族音楽、舞踊などの紹介

講演後

大使はご自宅で手作りされた、ケサディーアというパンケーキ、
パステリートという野菜と肉をトウモロコシの皮で包み、
油で揚げた食材をお持ちくださいました。
また、エルサルバドル産のコーヒー豆をを提供していただき、
エルサルバドルの食文化を楽しみ懇談会が盛り上がりました。

写真

小川会長、開会挨拶

講演の様子

質問に答える大使

花束贈呈

大使手作りの食材など

乾杯で懇談会開始

懇談会での一場面

記念撮影
画像をクリックして拡大

大使略歴

    セラヤンディア大使の経歴、学歴などの詳細情報 (PDFファイル形式)

主催委員会

 ログハウス委員会