事業報告

事業名

MIFA日本語講座委員会 ボランティア講師研修会

日時

平成22年5月15日 1〜3PM

会場

ログハウス

参加者

受講者 15名
講師 1名

配布資料

レジュメ 9ページ(条件文 「と」「たら」「ば」「なら」の使い方)
(日本語講座受講者の質問が多く、講師が教えながら気になった部分をまとめて研修内容を作成)

内容の例

 条件文について
 前文が何らかの要因、きっかけとなって、後文を制約する文を条件分という。
条件文を表すものには、「と」「たら」「ば」「なら」がある。
条件文について考えるとき、まず、非過去か過去かに分けることが大切である。
非過去か過去かというのは、その事態が過去に起こったか否かということである。

写真

研修の様子1

ホワイトボードから

研修の様子2 画像をクリックして拡大

主催委員会

日本語講座委員会