事業報告

事業名

第18回MIFAフェスタ2015〜われら地球人〜

日時

平成27年10月18日 12:00 Noon〜4:30PM

会場

守谷市国際交流研修センター(ログハウス)

参加者

JICA研修員 38人(21ヶ国) + JICA関係者 2人
MIFA実行委員 27人
協力団体 104人
一般来場者 62人 (古河市国際交流委員 19人、外国籍 8人を含む)
合計: 233人

参加者の国籍:
アルジェリア、バングラデシュ、ブータン、カンボジア、コロンビア、
コスタリカ、エクアドル、キルギス、マーシャル群島、メキシコ、
ミクロネシア、ネパール、ニカラグア、パプアニューギニア、ペルー、
フィリピン、サモア、スリランカ、スーダン、チモール、ジンバブエ

活動の目的

独立行政法人 国際協力機構(JICA) 筑波国際センターで
日々学んでいる各国の研修生と守谷市国際交流協会会員、
平成27年度守谷市青少年海外派遣プログラムでドイツ、マインブルク市
を訪問した学生、過去海外派遣事業に参加した人々、守谷市と
関わりのある外国籍の人々、守谷市在住ボーイスカウトの青少年、
各種文化団体メンバー、筑波大学学生、守谷市内在住の小学生、
一般来場者が互いの文化を学び交流する場として開催。

JICA研修員の到着

JICA研修員がボーイスカウトが持つ各国国旗と共に入場

活動内容(1)Let's Try

お茶、折り紙、着物の着付け、箏、書道、投扇興を体験。

活動内容(2)Performance Time

世界の国から「こんにちは」: JICA研修員が国旗を持って入場
MIFA会長挨拶
ひょっとこ(守谷伝統芸能)
武術・剣術
日本舞踊
JICA研修員によるパフォーマンス(1)
青少年海外派遣事業の参加者によるダンス
バンブーダンス
JICA研修員によるパフォーマンス(2)
よさこいソーラン
など、

まとめ

・ JICA研修員、MIFAのメンバー、青少年海外派遣事業への参加者、
協力団体の方々は積極的に交流を図り、楽しいひと時を過ごしました。
今回は筑波大学の学生10名が参加して、JICA研修員のヘルプを行い
とてもスムースな運営ができました。
また、小学生をはじめ、多くの青少年が参加したので活気ふれる行事と
なりました。
・ 今回はJICA研修員の方々で、民族衣装をお持ちの方にそれを
着用して参加してくださるようにお願いしました。

写真レポート


画像をクリックして拡大

Let's Try, Performance Time追加写真

 写真集を見る

主催委員会

MIFAフェスタ実行委員会