事業報告

事業名

放課後こども教室参加

日時

平成21年11月16日 3:15〜4:45PM

会場

松ヶ丘小学校 体育館

参加者

小学校1年から3,4年生 約100名
MIFAスタッフ 5名

配布資料など

パンフレット「日本と太平洋の島国」(太平洋・島サミット参加国) 外務省発行
展示:太平洋の貝コレクション(亀や貝の加工品なども含む)

活動の目的

子供達が、地図や地球儀を見たり、シールを地図に張ることにより、太平洋にはたくさんの島国があることを知る。
また、国際交流の面白さと重要さ、楽しさを理解する。

活動内容

1) 自己紹介から〜身近な 国際交流について考える。(外国の人たちを理解する。仲良くすることが、国際交流)
地球儀と世界地図で太平洋の位置を確認。その中で一つの国としてサモアについて、触れる。
2) サモアの歌を紹介して全員で歌う。
3) 太平洋の話題に戻り、太平洋・島サミットの参加国について詳細を知らせる。
4) 太平洋の旅に出る。ステージに上がって〜赤道や、日付変更線などの位置を確認後、太平洋島国を訪問して〜シールを集める。
(こどもたちに島国の載った太平洋の地図を渡しておく。 自由に太平洋の国々のところに行き、国を確認し、確認できたら国旗シールを貼る。)
5) 太平洋の貝を見て、触れる。

まとめ

・ 子供達が大変はりきって、喜んで国巡りをして国旗シールを貼っていた。
ほとんどの子が14カ国の国旗シールを上手に地図上に貼れていた。
・ 大きな珍しい貝や、海がめの標本を触って興味深そうにしていた。

太平洋

国旗を集める

国旗を地図に貼る

太平洋の貝など
画像をクリックして拡大

主催委員会

総務委員会 国際理解ワーキンググループ