拝啓

ジョゼフ・ライザー市長

ゲオルグ・ハリダー部長

 

お見舞と励ましのメール有り難うございます。私たちはもちろんのことMIFAメンバー、守谷の市民は大丈夫です。ガスも電気も正常です。

 

しかし東北地方では甚大な被害がでております。とても大変な状況です。現時点での死者は11000人、行方不明17000人以上、避難者は240000人以上です。

さらに重大な事故は原子力発電所の事故です。国の総力を挙げて取組んでいますが良い結果がでていません。早く収束することを祈るばかりです。

 

幸いな事にはこの様な状況にあっても略奪や暴行が1件もない事です。弱いものに手を差し伸べ皆が助け合い励ましあって困難を乗り切ろうとしています。日本人として誇りに思います。今日まで日本は多くの困難を乗り越えてきました。今回も例外ではありません。日本人の総力を結集し勇気と英知を持ってこの困難を乗り越えたいと思います。

 

マインブルク市民の多くの皆さんから守谷の人達を受け入れたいとの申し出があったという事に、改めてお礼を申し上げます。ありがとうございます。おかげ様で今、守谷は正常な状態で少しの混乱もありません。

 

私は326日(土)27日(日)に被害者の為に街頭募金を行いました。

少しの時間で350万円の募金が集まりました。一日でも早い復興が出来るように手を差し伸べたいと思います。

                      親愛なる友へ

 

                          MIFA会長  小川 一成