2000/06/08

ハイラックスサーフ エアコン修理


サーフ

トヨタ ハイラックスサーフ LN130G H2年
エアコンのガス漏れです。パイプ類の接続部にはガス漏れの怪しいところは
見あたらず、どうやら脱着しないと見ることが出来ないユニットからの漏れが
有るようです。すでにガスは空っぽでフロン回収の必要が無いのでユニットを外して
調べてみることに。

室内 ユニット

このグローブボックスの陰にユニットがあります。

ヒーターブロアとヒーターユニットの間に
エアコンユニットがあります。コネクタやパイプ類を
外して手前に引き出して来ます。

ガス漏れの痕 分解ユニット

外したユニットを見ると明らかにガス漏れの
痕がありました。
(参考までにこの状態ではガスは3週間で漏れてしまいます)

ガスが漏れるところは同封されたコンプレッサーオイルも
同時に抜けるのでそこに埃が付着するため容易に確認が
出来ます。上の写真ではパイプとエキスパンションバルブが
汚れ、奥のエバポレーターからのガス漏れによる汚れは
有りませんでした。

交換パーツ ユニット

今回交換する部品はバルブとパイプ、プレッシャースイッチ
それと接続部のOリングです。このOリングは必ず交換して
一度使用したものは再使用しないように。
(この部品代は約¥20000円、工賃はお店によって違い有り)
その他にガス代

組上がったユニットを元通りに装着します。

ここに入る ガスチャージ

ここにユニットが組み込まれます。
ハーネス類を挟み込まないように取り付け。

真空引き後ガスチャージ
1週間後に再確認したがガス漏れは有りませんでした
これで今年の夏も快適でしょう。