2000/07/14

1G-FEの不調


1G-FE

GX90、車種はマークU、搭載エンジンは1G-FE
通称タダグラ(ただのグランデ)右手のビニール袋はプラグコードセット。
アイドリングで若干振動したり、リヤに回ってマフラーの排気音や排圧にむらが
あればまずプラグコードを点検しましょう。車種は違いますが過去にも
取り上げてます点検方法を。


抜いたプラグコード

プラグコードを引き抜いて下のゴムの付け根あたりをよく見ます。
不調初期の場合はルーペなどで見ないと確認出来ない時もあります。


発見したリーク個所

白い点になった所が高電圧のリーク個所です、初期の状態の為小さいので
見落としがちですがほとんどこれが原因で息付き、ノッキング、燃費不良、アイドリング不調
エンスト、クーラー異音等を引き起こします。対策は交換しかありません。


完成

交換の際には取り回しを考えて元の位置に、もし順番がわからなくなってもエンジンは
一番手前から1から6と数え、デスキャップの頭に刻印されてる番号と同じ所に
はめ込めばどなたにも出来るでしょう。