UFO目撃と宇宙人遭遇、怪奇事件!(不思議大好きマニアのためのUFOサイト)
日本のUFO遭遇  
  UFO関係書籍 
      
 

 (た)〜(と)  NO.1  詳細  
太古宇宙戦争の謎
太古宇宙戦争の謎
   (GODS OF AIR AND DARKNESS)
   −紀元前5,000年に滅亡した古代帝国−
  著者:リチャード・E・ムーニー
  訳者:青木榮一/小暮利貞
  発行所:二見書房

  
1976年3月発行:
  【0298-761123-7339

・1/生命誕生の謎
・2/人類の起源は宇宙か?
・3/堕ちた天使
・4/退化する世界
・5/紀元前5000年の宇宙戦争
・6/太陽系の謎を追って
・7/古代天文学の謎
・8/古代の学問
・9/昨日の地平線
・10/さらに不思議なこと
・11/現代の謎
   
太古の宇宙人
太古の宇宙人
   (MEINE WELT IN BILDERN)
   −太古に地球を訪れた宇宙人−
  著者:エーリッヒ・フォン・デニケン
  訳者:松谷健二
  発行所:角川書店

  
1976年2月発行:
  【0320-791057-0946(0)

・1/宇宙空間
・2/神話は人類最古のルポタージュ
・3/生命の根源を求めて
・4/神々の来訪
・5/神々の足あと
・6/大ピラミッドの謎
・7/神々の肖像画
・8/チリで発見された不可思議なロボット
・9/マヤ族はどこへ消えたか
・10/古代遺跡の謎
・11/宇宙船と恒星間飛行
・12/意外な発見
      :
タイムマシンの話
タイムマシンの話
   −超光速粒子とメタ相対論−
  著者:都筑卓司
  発行所:講談社
  
1971年4月発行:
  (ブルーバックス B-170)
  【0242-177700-2253 (0)】

・第1章/タイムマシン
・第2章/時間の逆行は可能か
・第3章/超光速粒子タキオン
・第4章/メタ相対論
・第5章/超光速を現象をめぐって
太陽からの風と波
太陽からの風と波
   −宇宙空間物理への招待−
  著者:桜井邦明
  発行所:講談社
  
1975年12月発行:
  (ブルーバックス B-278)
  【0244-178781-2253 (0)】

・第1章/太陽からやってくるもの
・第2章/膨張する太陽
・第3章/太陽風はどこまで吹いているか
・第4章/爆発する太陽−フレア
・第5章/惑星間空間で起こっていること
・第6章/地 球 嵐
・第7章/太陽と地球
太陽系の科学
太陽系の科学
  著者:小尾信弥
  発行所:日本放送出版協会
  
1968年7月発行:
  (NHKブックス 72)

・第1章/太陽系の誕生
・第2章/熱い惑星・水星
・第3章/宇宙天文学の標的・金星
・第4章/地球よりも月に似た・火星
・第5章/シリケイト星と水素星
・第6章/冷い惑星・木星から海王星まで
・第7章/放浪の天体・彗星
・第8章/太陽系のがれき・いん石と小惑星
・第9章/別の太陽系
竹内文書
世界を一つにする地球最古の聖典

竹内文書
  世界を一つにする地球最古の聖典

  著者:高坂和導
  発行所:徳間書店   
  2009年10月発行:
   文庫(5次元文庫020) 
   【ISBN978-4-19-906013-7 C0120】

・第1章/アメリカ・インディアンは日本語を使っていた!
・第2章/「竹内文書」世界と共振するインディアン伝説
・第3章/日本と古代アメリカの「虹の架け橋」縄文文化
・第4章/縄文人からの「ひよわな花」への伝言
・第5章/ドン_R_スミサナ氏との対談、
     やはり、「古代、アメリカは日本だった!」
・第6章/「マヤ」文明のルーツもはるけき日本
・第7章/超古代文明の深遠なる精神を未来に生かす
『竹内文書』と月の先住宇宙人
 
『竹内文書』と月の先住宇宙人
  著者:飛鳥昭雄
  発行所:徳間書店
  
2004年11月発行:
  (超知ライブラリー007)
  【ISBN978-4-19-861949-7 C0023

・序章/ヒヒイロカネ製天空浮舟とアポロ計画の謎
・第1章/「古事記」の黙示
     「日本書紀」の黙示を解く!!
・第2章/イエス・キリストと天照大神=
     救世主の大黙示とは!?
・第3章/竹内巨麿-皇室と
    「影の日本の重要人物」との密約を暴く!!
・第4章/五色人と太古の世界地図
    そして天皇の世界巡幸の謎
・第5章/「キリストは日本で死んだ」-
    山根キクと天空浮舟の謎
・第6章/「多次元同時存在の法則」こそ
    「竹内文書」の世界に向けた
    時限爆弾のスイッチだ!!
・第7章/世界のひな型日本の天皇がかつて
    「世界の王」だったことが証明される!!
        :
竹取物語
改版7版(H25)
竹取物語
  訳:星新一
  発行所:KADOKAWA
  
1987年8月発行:
  (角川文庫15242) 
  【ISBN978-4-04-130325-2 C0193】

・竹取物語(口語訳)
 1/姫のおいたち
 2/姫の望み
 3/み仏の石の鉢
 4/蓬莱の玉の枝
 5/火ねずみの皮衣
 6/龍の首の玉
 7/つばめの子安貝
 8/ミカドのおでまし
 9/天の羽衣
・竹取物語(原文)
   三谷栄一:校訂,武田友宏:脚注
タロット
   神秘と幻想のカード
タロット 神秘と幻想のカード
  編集人:小野昌雄
  発行所:毎日新聞社

  
1978年11月発行:
  
【0676-617012-7904】

・幻想タロット絵画館(辛島宜夫コレクションより)
・タロットの謎のルーツ(レックス深瀬)
・大アルカナと小アルカナ
・【小説】さかさまに(中田耕治)
・うんすんかるたと天正かるた(山口格太郎)
・タロットの寓意と象徴(レックス深瀬)
     :
丹波哲郎の死者の書
丹波哲郎の死者の書
  著者:丹波哲郎
  発行所:中央アート出版

  
1980年4月発行:
  【0012-000001-4712

・第1章/私はなぜ,死後の世界を信じるのか
 T/私はなぜ,死後の世界を信じるのか
 U/私自身のふしぎな体験
・第2章/死後の世界を見てきた人たち
 T/この世以外の世界の科学と死後の世界を
      かいま見た人びと
 U/死後の世界は実在する!?
 V/霊能者−死後の世界の語り部たち
・第3章/死後の世界はこうなっている
 T/死後の世界はこうなっている
 U/「霊界」に関する疑問符
・第4章/あなたの死後はこうなる
 T/すべての人間が「霊界」へ行けるわけではない
 U/死者に対する"儀礼"
     死に際の人間への"思いやり"
 V/あの世で安楽に暮らすための方法
・終章/IF LIFE IS FORENER
 


 (た)〜(と)  NO.2  詳細  
大異変=地球の謎をさぐる
大異変=地球の謎をさぐる
  著者:I・A・レザーノフ
   (ソ連の地質構造や地質特性の研究者)
  訳者:中山一郎
  発行所:講談社
  
1973年4月発行:
  (講談社現代新書370)
  【0244-157194-2253(1)】

・T/地球の誕生と大異変
  ・太平洋はどうしてできたか
  ・地球の隕石孔
      :
・U/自然の猛威
・V/なぜ大異変は起きるか
・W/人類の未来と大異変
大恐竜時代
大恐竜時代
   (THE HOT-BLOODED DINOSAURS)
   −1億年前の地球−
  著者:アドリアン・J・デズモンド
  訳者:加藤秀
  発行所:二見書房
  
1976年4月発行:
  (サラブックス)
  【0298-761131-7339】

・第1章/創造の王者たち
・第2章/恐竜全盛時代
・第3章/弱肉強食の世界
・第4章/哺乳類の暗黒時代
     :
第三の選択の謎
 
第三の選択の謎
  −地球温暖化説が警告する人類滅亡の危機−
  著者:矢追純一
  発行所:二見書房
  
1982年4発行:
  (サラ・ブックス)
  【0293-821120-7339】

・序章/地球が大きく狂いはじめている!
・第1章/「第三の選択」という名の恐怖
  ・幻のテレビ番組を求めて
  ・TVサイエンス・リポート「第三の選択」
    :
・第2章/月面秘密基地の可能性をさぐる
  ・月面で目撃された人工建造物の正体は?
  ・アポロ11号が月面で遭遇した巨大宇宙船の正体は?
    :
・第3章/米ソ合同秘密作戦の可能性をさぐる
・第4章/人類滅亡を警告する"地球温暖化"説
・第5章/はたして人類は火星に移住できるか
・第6章/人類が生き残るための「第四の選択」
第三の黙示録(プログラム)
第三の黙示録(プログラム)
  −日本滅亡を狙う戦慄のコンロン計画−
  著者:五島勉
  発行所:祥伝社
  
1983年12発行:
  (NON・BOOK-227)
  【ISBN4-396-10227-5 C0210】

・第1章/戦慄の密使たちが来た日
・第2章/破滅の世紀末か,希望の二十一世紀か
・第3章/「もう一つの未来」を解くカギ
・第4章/暴かれた"コンロン"の不気味さ
・第5章/「第三の未来」を暗示する"チベッツ"
・第6章/米ソは破滅を賭けても戦うか?
・第7章/あなたと日本が生き残る道は?
第三の眼
第三の眼
  −あるラマ僧の自伝−
  著者:ロブサン・ランパ
  訳者:白井正夫
  発行所:講談社
  
1979年7発行:
  【0098-129916-2253(0)】

・第1章/幼き日々
・第2章/幼年時代との別れ
・第3章/わが家での最後の日
・第4章/山門の前で
・第5章/見習い僧の生活
・第6章/僧院での生活
・第7章/第三の眼の開眼
・第8章/ポタラ
・第9章/"野バラの垣根"にて
・第10章/トラパ
・第11章/薬草とタコ
  : 
大消滅
大消滅
   (WITHOUT TRACE)
  −その後のバミューダ海域−

   著者:チャールズ・バーリッツ
   訳者:南山宏
   発行所:徳間書店
  
 1977年6月発行:
   (TOKUMA BOOKS)
   
【0240-501369-5229】

・第1章/この深まりゆく謎
・第2章/忘却への旅立ち
・第3章/消滅者からの通信
・第4章/宇宙的隠蔽作戦?
・第5章/浮上するアトランティス?
・第6章/現実と幻想のはざまから
・第7章/時空の向こう側
・第8章/外なる世界,内なる世界
・第9章/ギャップはせばまる
・第10章/別世界への道
大乗仏教入門
大乗仏教入門
  (The Opening of the Wisdom-Eye)
  −智慧の眼を開く−
  著者:第14世ダライ・ラマ(The XIVth Darai Lama)
  訳者:菅沼晃
  発行所:蒼洋社
  
1980年1発行:
  【SY10−1C】

◎智慧の眼を開く
◎チベット仏教の歴史
 ・仏教の初期伝播の時代
     :
◎智慧の眼を開く
・第1章/法ダルマ
・第2章/再生
・第3章/二つの真理(真諦と俗諦)
・第4章/五つの聚り・十二の領域・十八の要素
・第5章/仏陀のことばの三つの取集(三蔵)
・第6章〜第8章/三種の実践
 三学
   ・(一)最高の徳行の実践
   ・(二)最高の禅定の実践
   ・(三)最高の智慧の実践
・第9章/実践への道
・第10章/仏陀の身体と徳性
◎中道への鍵 
中観思想入門
大彗星
   99の謎(産報デラックス)
 
大彗星-果てしなき大宇宙の放浪者-
    産報デラックス99の謎
  
−自然科学シリーズ3−
  総合監修:小尾信彌
  執筆・解説協力:小尾信彌
      堀源一郎
      日下実男
      藤井旭
      森暁雄
  発行所:サンポウジャーナル

  
1977年4月発行:
  
【雑誌4175-4】

・天体の運動は永久か(堀源一郎)
・アリゾナ砂漠に落ちた大火球(日下実男)
・バリンジャー隕石孔はどうできたか
・宇宙からの使者−隕石−(編集部)
・ハリー彗星の謎(日下実男)
・大彗星の謎を解く(編集部)
  :
第二回チベット旅行記
第二回チベット旅行記
  著者:河口慧海
  発行所:講談社
  (講談社学術文庫317)
  
1981年10月発行:
  【0126-583176-2253 (0)】


・第1部/入蔵記
 ・黄檗山に入る
 ・ネパール(その一)
 ・ネパール(その二)
 ・ネパール(その三)
 ・ラーマと会見(その一)
 ・ラーマと会見(その二)
 ・ヒマラヤ越え(その一)
      :
・第2部/雪山歌旅行


 (た)〜(と)  NO.3  詳細  
大氷河期の襲来
大氷河期の襲来(THE SIXTH WINTER)
  −西零下40度の恐怖−
  著者:ジョン・グリビン/
      ダグラス・オージル
  訳者:小関哲哉
  発行所:二見書房
  1981年12月発行:
  (サラブレッド・ブックス168)
  【0297-811119-7339】

・第1章/6回目の冬
・第2章/ダンサーの足跡
・第3章/狼の記憶
・第4章/全滅したノボシビルスク
・第5章/氷光
・第6章/凍てついたシベリア平原
・第7章/北極の魔法使い
・第8章/狼の襲撃
・第9章/新氷河期の始まり
・第10章/人類大移動計画
・第11章/大都会の黙示録
・第12章/吹雪のチュクチ半島
     :
大予言者の秘密
大予言者の秘密
  −易聖・高島嘉右衛門の生涯−
  著者:高木彬光
  発行所:角川書店
  (角川文庫)
  
1982年3月発行:
  【0193-133857-0946 (0)】


・第1章/父の余慶,子に及ぶ
・第2章/氷塞の試練
・第3章/火と水の試練
・第4章/獄舎の試練
・第5章/新天地横浜の若き獅子たち
・第6章/東京⇔横浜間の鉄道
・第7章/先駆者の道
・第8章/横浜高島町の不夜城
・第9章/財閥を望まぬ高士
・第10章/日清戦争の予言
・第11章/日露戦争の予言
・第12章/虚空無限
大予言と謎
 
大予言と謎
  (SIGNS OF THINGS TO COME)
  著者:アンガス・ホール
  監修:コリン・ウィルソン/クリストファー・エバンズ
  訳者:船戸英夫
  発行所:学習研究社
  
1977年2月発行:
  (超常世界への挑戦シリーズ-6)

  【0311-168 356-1002】

・1/未来は現在である
・2/シャーマンなどの占い師
・3/古代の占い
・4/運命は体に現れる
・5/タロー・カードの秘法
・6/未来の映像
・7/ノストラダムスの世界
・8/現代の予言者たち
大隆起
大隆起(ATLANTIS RISING)
  −魔の海域にアトランチスが浮上する−
  著者:ブラッド・スタイガー
  訳者:南山宏
  発行所:徳間書店
  1977年9月発行:
   (TOKUMA BOOKS)
  【0200-501404-5229】

・第1章/甦るアトランチス
・第2章/古代に結ぶ点と線
・第3章/エダガー・ケイシー
・第4章/先史学者と英雄神
・第5章/バミューダ海域と海底王国
・第6章/宇宙の種をまく者
・第7章/異次元からきた天使と悪魔
・第8章/ハルマゲドンの予兆
大惑星直列
 
大惑星直列(LA FIN DU MONDE)
  −西暦2000年-地球最後の日−
  著者:モーリス・シャトラン
  訳者:佐藤智樹
  発行所:二見書房
  1983年7月発行:
  (サラブレッド・ブックス282)
  【0293-831137-7339】

・第1章/襲われる地球
・第2章/天変地異説が警告する
・第3章/予言者たち
・第4章/ふたりの偉大な予言者
・第5章/天文学と占星学がこぞって予告する
・第6章/惑星直列が引き金となる!
・第7章/小惑星の衝突
・第8章/西暦2000年の惑星直列
・第9章/極の大逆転
第3の選択
 
第3の選択(ALTERNATIVE 3)
   −米ソ宇宙開発の陰謀−
  著者:レスリー・ワトキンズ
      ディビッド・アンブロース
      クリストファー・マイルズ 共著
  訳者:梶野修平
  発行所:たま出版
  
1981年7月発行:
  【ISBN4-88481-068-6 C0031】

・第1章/UFO事件の裏に潜むもの
・第2章/米ソ共同秘密計画
・第3章/真相を知った者
・第4章/宇宙への頭脳流出
・第5章/発火殺人による円滑化作戦
・第6章/謎の火星探査テープ
・第7章/異常気象とオルターナティブ3
・第8章/宇宙飛行士の嘆き
・第9章/コンピュータによる国民管理
・第10章/火星への植民計画
   :
第5種接近遭遇の謎
第5種接近遭遇の謎
 −[CE-5]ついに宇宙人とのコンタクトが始まった!−
  著者:矢追純一
  発行所:雄鶏社   
  
1993年10月発行:
  【ISBN4-277-88036-3 C0040】

・第1章/あのグレームレイクに着陸する
      異様な飛行物体が撮影された
・第2章/エドワード空軍基地を取り巻く
      航空機メーカーの秘密施設を発見
・第3章/UFOのある地下基地では
      恐るべき”人間実験”が行われている
・第4章/「モントーク・プロジェクト」は
      戦慄のマインドコントロール実験だった
・第5章/モントーク基地に潜入!
      不気味な光景を目撃した
・第6章/宇宙人からのアプローチに
      ついに国連が動きだした
・第7章/北欧に次々と飛来するUFO、
      すでにコンタクトは始まっている
・第8章/民間レベルで宇宙人との
      コミニュケーションに成功!
  :
第10番惑星に宇宙人がいた
 
第10番惑星に宇宙人がいた
  
−10番惑星人が地球文明を創った−
   (THE STAIRWAY TO HEAVEN)
  著者:ゼカリア・シッチン
  訳者:南山宏
  発行所:二見書房
  
1983年3月発行:
  【0298-831107-7339】

・第1章/楽園を求めて
・第2章/伝説と宇宙人
・第3章/天国への階段
・第4章/惑星地球にきた異星人
・第5章/第10番惑星の誕生
・第6章/第一次宇宙基地の建設
・第7章/神々と英雄との戦い
・第8章/宇宙人の発着場
・第9章/ロケット船の昇る地
・第10章/神と王のピラミッド
・第11章/スフィンクスの視線
・第12章/第十番惑星の再来 
ダライ・ラマ自伝
ダライ・ラマ自伝
  著者:ダライ・ラマ
  訳者:山際素男
  発行所:文藝春秋
  
2001年6月発行:
  (文春文庫-629) 
  【ISBN4-16-765109-2 C0198】

・第1章/白蓮を持つ人
・第2章/獅子の玉座
・第3章/侵略-嵐の到来
・第4章/南へ避難
・第5章/共産主義中国
・第6章/ネール氏の拒絶
・第7章/亡命を決意
・第8章/絶望の年
・第9章/十万の難民
・第10章/僧衣を着た狼
・第11章/東から西へ
・第12章/"魔術と神秘"について
・第13章/チベットからの便り
・第14章/平和への提言
・第15章/普遍的責任と善意
地球外文明の謎
地球外文明の謎
   
(IS ANYONE OUT THERE?)

  著者:ジャック・スタンレー
  訳者:吉野博高
  発行所:二見書房
  1981年4月発行:
  (サラ・ブックス)
  【0298-811128-7339】


・第1章/遅れたエコーの謎
・第2章/地球外知的生物の正体は?
・第3章/生存作戦
・第4章/星をさぐる
・第5章/地球を観察している宇宙の知的生物
・第6章/宇宙からのエコー
・第7章/ペルセウスよ、時をかせげ!
・第8章/光の壁
・第9章/未知への脱出
・第10章/失われた文明
・第11章/かれらはまえにもここに来たのか?
・第12章/われわれも宇宙から来たのか?
・第13章/円盤の謎


 (た)〜(と)  NO.4  詳細  
地球が冷える異常気象
地球が冷える異常気象
  編集:小松左京/
     根本順吉/竹内均/西丸震哉/
     立川昭二/飯田隼人
  発行所:旭屋出版
  1974年7月発行:
  【0036-700003-0119】


・1/地球にいま何が起こっているか
・2/周期から見た70年代の異常性
・3/気候の体制が変化した
・4/海・・謎の部分を解明する
・5/地球物理から見た気象変化
・6/はたして氷河時代はくるのか
・7/飢餓・疫病の歴史を掘り起こす
・8/異常気象と切迫する食糧危機
・9/地球政治時代への提言
 
地球人は実験室で創られた
 
地球人は実験室で創られた
   −異星人エロヒムの大啓示−
  著者:クロード・ボリロン"ラエル"
  訳者:安土桃子
  発行所:徳間書店
  1982年10月発行:
  【ISBN4-19-502609-1 C0240】

・序章/人類は実験室で創造された
  ・エロヒムが地球上の生命の創造者
  ・聖書はエロヒムを神と誤訳
  ・ノアの箱船はエロヒムの宇宙船だった
  ・アポカリプスの時代
  ・私は1975年にエロヒムの惑星を訪れた
       :
・第1章/天空より飛来した人々
  ・宇宙人とのコンタクトについて
  ・エロヒムによる創造の年代決定
       :
・第2章/地球への大啓示
・第3章/宇宙人により選ばれた者
・別章/証言と注釈
  ・科学者としての証言
  ・ある司祭の印象
  ・そうだ,私はラエリアンなのだ!
       :
 
地球内部を旅した男
地球内部を旅した男
  
−オラフ・ヤンセンのシャンバラ・レポート−
  (THE SMOKY GOD or
       A Voyage to the Inner World)
  著者:ウィリス・ジョージ・エマーソン
  訳:田中雅人
  発行所:徳間書店   
  
2009年1月発行:
  文庫(5次元文庫044) 
  【ISBN978-4-19-906047-2 C0139】

・神秘と謎に満ちた探検録
    −著者によるプロローグ−
・「奇跡の航海」の幕開け
    −オラフ・ヤンセンの報告より−
・美しき伝説の大陸へ
    −オラフ・ヤンセンの報告より−
・地底世界に暮らす
    −オラフ・ヤンセンの報告より
・地球外部への帰還
    −オラフ・ヤンセンの報告より
・科学的考察の試み
    −オラフ・ヤンセンの報告より
・彼が残した深遠なるメッセージ
    −著者によるエピローグ
地球に急接近するハレー大彗星
 
地球に急接近するハレー大彗星
  
−宇宙科学が予言する1986年,悪夢の日−
  著者:桜井邦明
  発行所:祥伝社
  
1976年4発行:
  (NON・BOOK-45)

・第1章/恐怖のハレー大彗星が近づいてくる
  (1枚のグラフが示した恐るべき事実)
・第2章/ハレー大彗星−その戦慄の正体
  (巨大な水素ガスの衣を着た"氷の塊り"が,なぜ)
・第3章/太陽さえ支配する大彗星
  (太陽活動をコントロールし,地球を寒冷化させる元凶)
・第4章/忍び寄る凶事の足音
  (「冷害」「砂漠化」「小氷河期」の原因を
   求めると・・・・)
・第5章/小氷河期が地球を襲う!
  (その巨大なガスの雲が太陽と地球をおおうとき)
・第6章/ハレー彗星は生きている!?
  ("代謝"と"再生"を繰りかえす,
   未知の"宇宙生物"か)
地球のなぞをさぐる
地球のなぞをさぐる
  著者:大塚道男
  発行所:藤森書店
  1977年7月発行:
  【0044-774202-7457】


・第1章/地球を外から測る
  水平線のかなたに
  井戸の底に太陽がさしこむ
  狂った時計
  アイザック・ニュートンの計算
      :
・第2章/地球の内部をのぞく
・第3章/地球の皮膚を調べる
・第4章/地球の誕生と成長
・第5章/地球の生命力
・第6章/日本列島誕生す
地図で読む世界の歴史
  第二次世界大戦

地図で読む世界の歴史
  第二次世界大戦

 
(THE VIKING ATLAS OF WORLD WAR U)
  著者:ジョン・ピムロット(序:アラン・ブロック)
  訳者:田川憲二郎
  発行所:河出書房新社
  
2000年1月発行:
  【ISBN978-4-309-61186-0 C0322】

・第1章/大戦と大戦のはざま(1919〜39年)
・第2章/枢軸国の攻勢(1939年9月〜42年6月)
・第3章/枢軸国と連合国の攻防
      (1942年6月〜43年7月)
・第4章/連合国の反撃(1943年7月〜44年12月)
・第5章/連合国の勝利(1944年12月〜45年9月)
地底人王国
 
地底人王国 (The UNDER-PEOPLE)
   −地球空洞説への証言−
  著者:エリック・ノーマン
  訳者:小泉源太郎
  発行所:大陸書房
  
1976年5月発行:

・第1章/地底人伝説
  ・地球内部の高度文明
  ・地底世界から来た男
  ・秘密の知恵の石
  ・地中から小人が!
      :
・第2章/奇怪な洞窟と地下道
・第3章/地底人の創世記
・第4章/アトランチス人のゆくえ
・第5章/地底王国アガルタの謎
・第6章/地球内部の「煙の神」の国
・第7章/両極は実際に発見されたのか?
・第8章/地球内部から飛来するUFO
・第9章/それでも地球は空洞なのだ!
・第10章/地底世界に関する一問一答
地底世界人は本当に存在した
 
地底世界人は本当に存在した
  
 −天国と地獄は地下にある−
  著者:ティモシー・グリーン・ベックリー
  訳:ケイ・ミズモリ
  発行所:徳間書店   
  
2010年4月発行:
  文庫(5次元文庫079) 
  【ISBN978-4-19-906085-4 C0139】

・序章/地底(地下)世界とUFO
   (我々の前に厳然として存在する
   「物質⇔非物質」の領域)
  ・地底世界の現代における起源−
   シェーバー・ミステリーとは?
・第1章/我々は,地球内部の楽園「エデンの園」
   から追放された種族なのか!?
  ・エデンの園は,地底内部にあった!?−
   インナー・アースの研究
  ・堕天使は地底にいる!?
      :
・第2章/シェーバー・ミステリー
  (地底世界には
   堕落した勢力があまねく存在する!!)
・第3章/アトランティス,ムー,長老の神々の直系子孫
   たちが地下洞窟からコンタクトして来る!
・第4章/シェーバーが語った洞窟の叡智と
   太古の科学「光線テクノロジー」
         :
チベット潜行十年
チベット潜行十年
  著者:木村肥佐夫
  発行所:中央公論社
  
1982年6月発行:
  (中公文庫M183)
  【1136-690288-4622

・テンゲリ沙漠を越えて
・遊牧の民と共に
・ラサへの旅
・最初のヒマラヤ越え
・東チベットを探る
・チベット・インド商売往来
・政治・宗教・酒・女
・追放・刑務所・帰国
チベットの死者の書
 
チベットの死者の書<バルド・ソドル>
  訳編:おおえまさのり
  発行所:講談社
  
1974年2月発行:
  【0095-261604-2253(1)

−第一巻−
・第1章/死の瞬間のバルド
  死の徴候関する教え
  (1)チカイ・バルドの第一段階
  (2)チカイ・バルドの第二段階
・第2章/レアリティーを経験しているバルド
  チョェニ・バルドと呼ばれるバルドの第三段階
    -カルマの幻覚が現れて来る
  (1)平和の神々の夜明け
  (2)忿怒の神々の夜明け
−第二巻−
・第1章/死後の世界
  (1)バルドの体・その誕生と非凡な機能
     :
・第2章/再誕生の過程
  (1)子宮の入口を閉じること
     :


 (た)〜(と)  NO.5  詳細  
チベットの七年
チベットの七年
    −ダライ・ラマの宮廷に仕えて−
  著者:ハインリヒ・ハラー
  訳者:福田宏年
  発行所:白水社
  
1981年9月発行:
  【0025-45160-6911

・抑留所と脱走の試み
・夜歩き、昼隠れる
・骨折り損のくたびれ儲け
・思いきった変装
・外人に冷たいチベット
・また秘かに国境を越える
・副王の居所ガルトク
・再びきびしいさすらいの旅に
・黄金の屋根の赤い僧院、トラデューン
   :
   :   
  
チベットの僧院生活
チベットの僧院生活
 
(THE LIFE AND TEACHING OF GESHE RABTEN)
   −ゲシェー・ラプテンの半生−
  著者:ゲシェー・ラプテン+アラン・ウォレス
  訳者:小野田俊蔵
  発行所:平河出版社
  
1984年3月発行:
  【ISBN4-89203-002-3 C0015】

・第1章/カムでの少年時代
・第2章/最初の僧院生活
・第3章/尊師との出会い
・第4章/セラ僧院での最初の修行
・第5章/僧院生活とその教育
・第6章/故郷カムへの帰還
・第7章/尊師との再会
・第8章/セラ僧院への再留学
・第9章/上級僧としての修行
・第10章/インドでの生活
チベットの都・ラサ案内
チベットの都・ラサ案内
  著者:金子英一
  発行所:平河出版社
  
1982年6月発行:
  【0026-82056-7164】

・第1章/ラサへの旅路
・第2章/ラサの歴史
・第3章/ラサ市街
・第4章/寺院・寺蹟
 ・トゥルナン寺
 ・ラモチェ寺
 ・ポタラ宮
 ・ノルブリンカ
 ・龍神寺
 ・セラ寺
   :
・第5章/地方への旅
・第6章/チベット・旅の雑記
 ・遷り変わるラサの姿(ニンチャン・リンポチュ+金子英一)
     :
チベットの民話
チベットの民話
  編:W.F.オコナー
  訳:金子民雄
  発行所:白水社
  
1980年6月発行:
  【0039-41010-6011】

・第1話/どのようにして野兎の唇が裂けたか
・第2話/虎と人間の物語
・第3話/善意の物語
・第4話/二人の隣人の物語
・第5話/猫と鼠の物語
・第6話/愚かな若い回教徒の物語
・第7話/野生ロバと狐と狼と野兎
・第8話/蛙と鴉
・第9話/野兎と獅子
・第10話/羊と子羊と狼と野兎
・第11話/野兎はどのようにして狼をばかにしたか
      :
チベット旅行記(一)〜(五)
 

 

チベット旅行記 (全5巻)
  著者:河口慧海
  校訂:高山龍三
  発行所:講談社
  (講談社学術文庫263〜267)
  
1978年6〜10月発行:
  【0126-582637-2253 (1)】
  【0126-582646-2253 (1)】
  【0126-582655-2253 (1)】
  【0126-582664-2253 (1)】
  【0126-582673-2253 (1)】

・第1回/入蔵決心の次第
・第2回/出立前の功徳
・第3回/探検の門出及び行路
・第4回/語学の研究
・第5回/尊者の往生
・第6回/入蔵の道筋
・第7回/奇遇
・第8回/間道の穿鑿
・第9回/ヒマラヤ山中の旅行(一)
・第10回/ヒマラヤ山中の旅行(二)
・第11回/山家の修行
      :
・第33回/山中の互市場
・第34回/女難に遭わんとす
      :
・第64回/チベット人を名乗る
・第65回/壮士坊主
      :
・第97回/チベットの物産
・第98回/輸出入品と商売
      :
・第154回/龍樹菩薩坐禅の巌窟
・大団円/故山に帰る
注目すべき人々との出会い
 
注目すべき人々との出会い
  (MEETINGS WITH REMARKABLE MEN)
  著者:G・I・グルジェフ
  監修:棚橋一晃
  訳者:星川淳
  発行所:めるくまーる
  
1981年12月発行:
  【0010-77126-8326】

・1/序
・2/父
・3/最初の師
・4/ボガチェフスキー
・5/ミスターX,あるいはボゴシャン船長
・6/アブラム・イエロフ
・7/ユリ・ルボヴェドスキー公
  ・ヴィトヴィツカヤ
  ・ソロヴィエフ
  ・ソロヴィエフの死
・8/エキム・ベイ
・9/ピョートル・カンペンコ
・10/スクリドロフ教授
超仮説の謎
 
超仮説の謎(ムー謎シリーズVol.9)
   −
常識をくつがえす驚異の最先端科学−
  発行所:学習研究社
  
1998年9月発行:
  【ISBN4-05-601894-4 C9440】

・1/タイムトラベル最新案内
     (ユリウス・マラベルタス、訳:花積容子)
・2/合体新人類誕生!(中野雄司)
・3/科学的「呪いのかけ方」(中野雄司)
・4/火星生物が潜む「突然変異生命圏」(近藤巌)
・5/新・地球空洞理論(阿基米得)
・6/心の支配者「脳内物質」の秘密(伊藤哲朗)
・7/チェルノブイリ生物大繁殖の怪(中野雄司)
・8/現代にあらわれた「透明人間」ミステリー
     (ドナ・ヒグビー、訳:大村学)
・9/真説・衝突する宇宙(近藤巌)
・10/奇跡の泉「ルールド」の秘密がわかった!
     (ユリウス・マラベルタス、訳:新海裕美子)
   :
〔超真相〕宇宙人!
  
〔超真相〕 宇宙人!
  著者:深野一幸
  発行所:徳間書店
  
1992年11月発行:
  (TOKUMA BOOKS)
  【ISBN4-19-505017-0 C0236

・序章/エネルギー革命が始まる!
・第1章/UFO・宇宙人情報をなぜ隠すのか
  ・超能力者が増えている
     :
・第2章/これが進化した宇宙人の実態だ!
  ・混迷するUFO・宇宙人研究世界
  ・UFO・宇宙人問題の真相
  ・真贋入り乱れるコンタクティ情報
  ・ジョージ・アダムスキーは真実を伝えるコンタクティ
     :
・第3章/太陽系の惑星と月の実態
・第4章/地球の科学はなぜ遅れているか
・第5章/地球人はなぜ精神性が低いか
・第6章/今後の地球のプログラム
・第7章/行き詰った地球文明の打開策
超心霊学
超心霊学
   
−三次元から四次元へ,四次元から五次元へ−
  著者:小田秀人
  発行所:池田書店
  
1983年3月発行:
  (イケダの超科学シリーズ)
  【0277-005028-0316

・第1章/地上最大の神秘と謎
  ・心霊の世界に踏みこんだ私
  ・地上最大の神秘と謎
  ・四次元世界(心霊の世界)の探検
・第2章/心霊現象の種々相
  ・心霊現象とは
  ・精神的心霊現象さまざま
  ・物理的心霊現象の種類
・第3章/心霊現象の神秘をさぐる
  ・心霊写真の不思議
  ・念写は果たしてほんとうか
  ・モゴール霊の執念
      :
・第4章/宇宙的生命の神秘
・第5章/宗教を超えてゆく道
超心霊世界の神秘
超心霊世界の神秘
  編著者:仁宮武夫
  発行所:日本文芸社
  
1978年7月発行:
  【0270-241-6016

・第1章/人間は他界後も生存するか
  (霊界通信にみる死後生存の実話)
  ・物質世界の法則と心の世界の法則
・第2章/死後生存を科学する
  (物質化現象,超自然現象にみる死後生存の立証)
  ・死後生存の科学的立証の方法
・第3章/現代科学と心霊世界の接点
  (宇宙,この摩訶不思議な仕組み)
  ・物質世界は四次元世界の現われである
  ・理論物理学は宇宙をどうみてきたか
・第4章/死後の世界の環境と生活
  (死後,どんな世界に入っていくか)
  ・霊界の科学的体験
  ・他界には七つの界層がある
  ・高い界層ではどんな生活をしているか


 (た)〜(と)  NO.6  詳細  
超次元の扉
  クラリオン星人にさらわれた私

超次元の扉
  クラリオン星人にさらわれた私

   (OLTRE IL CIELO)
  著者:マオリッツオ・カヴァーロ
  訳者:やよしけいこ
  監修:淺川嘉富
  発行所:徳間書店
  
2009年2月発行:
  (超知ライブラリー040)
  【ISBN978-4-19-862686-0 C0040

・第1章/コンタクト−クラリオン星人との幻想的な
     超体験はこうして始まった
・第2章/古代の種族スターピープルによって
     知らされた「人類の始源」と人類から
     失われた余りにも巨大な叡智
・第3章/ついに拓かれた超古代史の謎−
     一億八千万年前、未開の惑星に
     宇宙の果てからやって来た古代人たち
・第4章/ダーラとともに−創造の源まで遡る
     次元間の旅でつかんだ星々の
     果てしなき叡智
・第5章/彼らは星に起源を持つ人類を
     救うべくDNA操作をすでに開始している
・別章/クリスタルスカル、アーク、聖杯、
     テンプル騎士団、マグダラのマリア−
     来るべき世界を救うためのコード
  
超常現象を科学にした男
 
超常現象を科学にした男 −J・B・ラインの挑戦−
  
Unbelievable:
 
   Investigations into Ghosts,Telepathy,
    and Other Unseen Phenomena,
    from the Duke Parapsychology Laboratory

    著者:ステイシー・ホーン
    訳者:ナカイサヤカ
    監修:石川幹人
    発行所:紀伊國屋書店
    2011年7月発行:

・第1章/交霊会
・第2章/ESP
・第3章/名声と苦闘
・第4章/戦争と死者
・第5章/悪魔祓い
・第6章/声なき声
・第7章/ポルターガイスト
・第8章/特異能力者
・第9章/サイケデリックと冷戦
・第10章/幽霊と科学者たち
・第11章/遺産
超常UFO宇宙人事件
超常UFO宇宙人事件
   −謎の空飛ぶ円盤とエイリアン!!−
  著者:並木伸一郎
  発行所:学研パブリッシング
  
2014年10月発行:
  【ISBN978-4-05-406133-0 C0040

・第1章/最新_超常UFO事件
・第2章/世界の超常UFO事件
・第3章/歴史的超常UFO事件
・第4章/宇宙の超常UFO事件
・第5章/地球製超常UFO事件
・第6章/日本の超常UFO事件
  ・高知県介良の小型UFO捕獲事件
  ・宇宙人と接近遭遇した甲府事件
  ・沼地の円形痕はUFOの着陸跡か?
  ・四国に出現した光る宇宙人
  ・北海道UFO墓場
・第7章/世界の超常宇宙人事件
超人ケイシーの秘密(上・下巻)
  
超人ケイシーの秘密(上・下巻)
   (EDGAR CAYCE:THE SLEEPING PROPHET)
  著者:ジェス・スターン
  訳者:棚橋美元
  発行所:たま出版
  
1977年7月(上巻),1977年8月発行(下巻):
  【0011-0019-4354】
  【0011-0020-4354】

・第1章/驚異的な催眠透視
・第2章/ケイシーの人となり
・第3章/ケイシーの予言年表
・第4章/予言に挑戦した学者
・第5章/地軸傾斜と大変動
・第6章/世界の未来
・第7章/医師とケイシー
・第8章/死後も生きる業績
・第9章/協力した医師たち
・第10章/不治の病
・第11章/ケイシーの家庭療法
・第12章/夢の世界
・第13章/アトランチスの最期
    :
超精神回路
 
超精神回路
  
(HIDDEN CHANNELS OF THE MIND)
    著者:ルイザ・E・ライン
    訳:日暮雅通
    編・監修:南山宏
    解説:猪股修二【ニューサイエンスとESP】
    (超科学シリーズ-6)
    発行所:国書刊行会
    1986年11月発行:

・1/知覚を超えて
・2/ESPの伝達形態
・3/ESP体験の出現形式
・4/認識の困難性
・5/ESP体験における空間と時間
・6/ESP体験の範囲
・7/男性,女性とESP
・8/幼児期および高齢期におけるESP
・9/ESPと心の平穏
・10/個人的資質の刻印
      :


 (た)〜(と)  NO.7  詳細  
鳥葬の里
 
鳥葬の里
   −チベットの民と自然を訪ねて−
  著者:加藤幹敏(中日新聞記者)
  発行所:リヨン社
  
1983年8月発行:
  (リヨンブックス)
  【0272-831358-7339

−いま初めて克明に記録されたチベットの鳥葬−
・チベットを訪ねて
   (自然は厳しく、人びとは陽気でやさしく)
・聖地にひれ伏す(五体投地)
・時の流れに乗って(渡し舟)
・数珠使って計算(自由市場)
・バターの灯500年(ラマ寺院)
・太古は海だった(峠の化石)
・おしゃれ大好き(母と娘)
・文革の「ツメ跡」(廃墟)
・年1回「いい湯だな」(温泉)
・チャと地酒と肉と(喫茶店)
  :
  
超都市伝説スペシャル
 
超都市伝説スペシャル
  著者:あすかあきお
  発行所:徳間書店   
  
2007年11月発行:
  文庫(5次元文庫006) 
  【ISBN978-4-19-906006-9 C0195】

・007/カッパは本当に実在する動物だった
・014/1997年に和歌山県で起こったカッパ遭遇事件
・025/アメリカ軍に捕獲されていた宇宙人グレイの正体
・040/生きたツチノコが,すでに捕獲されていた
・045/月に最初の第一歩を印した人物は,
   本当はだれか!?
・054/月にはすでにだれかが住んでいた
・079/そのときソ連も月面着陸に成功していた!?
        :
超都市伝説スペシャル2
 
超都市伝説スペシャル2
  著者:あすかあきお
  発行所:徳間書店   
  
2007年12月発行:
  文庫(5次元文庫012) 
  【ISBN978-4-19-906012-0 C0195】

・007/ネス湖のネッシーを熱心に追っかけてみた
・046/アメリカのネッシーに熱視線
・071/アメリカ軍が生きた
   本物の恐竜を捕まえていたゾ〜
・103/お礼の謎超スペシャル,バージョンアップ編
・130/スカイフィッシュは,生命化したUFOである
・170/化石は,100年でできる!?
・185/ノアの箱舟が見つかっている
        :
超能力者・霊能力者に学ぶ
不思議な世界の歩き方

超能力者・霊能力者に学ぶ
  不思議な世界の歩き方

  著者:布施泰和
  発行所:成甲書房
  
2005年8月発行:
  【ISBN4-88086-186-3 C0036

・1/大地から立ち昇る龍
・2/西丸震哉と超常現象
・3/四次元世界の扉
・4/宇宙とのテレパシー交信
・5/アトランティスの記憶
・6/幽体離脱と金星の話
・7/UFO目撃!
・8/秋山眞人と惑星間の転生
・9/横尾忠則とUFO革命
・10/北川恵子とチャネリング
・11/政木和三と「自分の中の神」
・12/堤裕司と人間探査
・13/清田益章と魂の進化論
   :
超訳 霊界物語
超訳 霊界物語
  
−出口王仁三郎の「世界を言向け和す」指南書−
  著者:飯塚弘明
  発行所:太陽出版
  
2013年1月発行:
  【ISBN978-4-88469-757-0 C0011

・序章/『霊界物語』の基礎知識
  ・『霊界物語』はいつ,どこで,誰が書いた?
  ・『霊界物語』には何が書いてある?
  ・『霊界物語』を読むときの注意点
・第1章/王仁三郎物語
  ・やんちゃだった少年時代
  ・ベンチャー起業家だった青年時代
  ・人生の転機
      :
・第2章/地球をつくった「国祖」とは
・第3章/『霊界物語』が明かす「国祖隠退」の真実
・第4章/『霊界物語』の登場人物-
     主人公・スサノオと偽救世主・高姫
・第5章/王仁三郎が示した「天の岩戸開き」と
     「言向け和す」
超訳 霊界物語2
超訳 霊界物語2
  
−出口王仁三郎の「身魂磨き」実践書−
  著者:飯塚弘明
  発行所:太陽出版
  
2014年8月発行:
  【ISBN978-4-88469-815-7 C0011

・第1章/宣伝使は世界の終末を
     告げる予言書として誕生した
  ・国祖隠退後の地球に転変地異が勃発
  ・天空に懸かる黄金の「天の浮橋」
        :
・第2章/宣伝使は無抵抗主義で
     世界を言向け和す
・第3章/宣伝使に襲いかかる熱く厳しい
     試練の風波
・第4章/宣伝使は罪と執着心を解き放つ
・付録/宣伝使の心得
超能力者ユリ・ゲラー
超能力者ユリ・ゲラー (URI)
   −宇宙人の使者かキリストの再来か
   現代の奇蹟を生んだ驚異の超能力−
  著者:アンドリヤ・H・プハーリック
  訳者:井上篤夫
  発行所:二見書房
 
 1974年5月発行:
  (サラ・ブックス-6)
  【0298-741120-7339

◎驚異の現実−ユリは何をやったか!
・超能力者の誕生
・割れた指輪
・宇宙からのメッセージ
・スペクトラの謎
・時はとまったまま動かない
・鷹の目
・UFOの出没
・真実への戦い
・すべて謎−なぜ?
・エピローグ
 ●資料;スタンフォード研究書(SRI)-「確認実験報告」
・解説
/関英男
◎著者の医者で心霊研究家のアンドリヤ・H・プハーリック博士は、ブラジルの心霊医師アリゴーと知り合ったことから、心霊研究に一生を捧げることを決意したそうです。
ユリ・ゲラーとは1971年に出会い、ユリの超能力を調べるため多くの実験を試みました。テレパシー実験、鎖の環を切る念力テストなどですが、博士は「本物であるが、説明がつかない」ということで暗礁に乗り上げてしまいました。次に試みたものが、ユリを催眠にかけることでした。そして新しい事実を発見します。この本は、博士とユリがこの"真実"に向かって挑戦した2年間の驚愕のドキュメンタリーです。
 


 (た)〜(と)  NO.8  詳細  
超ミステリーの嘘99
  世界はこうして騙された!!

 
超ミステリーの嘘99
   −世界はこうして騙された!!
 
    UFO・UMA・オーパーツetc・・−
   監修:東京怪奇現象研究会
   発行所:双葉社
   
2009年11月発行:
   
【ISBN978-4-575-30180-9 C0076】

・第1章/UFO&エイリアンミステリーの真相
  ・ケネス・アーノルドは「空飛ぶ円盤」を見たなどと証言していなかった!!
  ・金星人に会ったというジョージ・アダムスキーは拝金主義のペテン師だった!!
  ・ロズウィル事件狂想曲の真相@
   -発生から40年間も事件は忘れ去られていた!!
  ・ロズウィル事件狂想曲の真相A
   -エイリアンの遺体を回収と報じたメディアはなかった!!
       :
・第2章/未確認動物UMAの真相
・第3章/「歴史を変えるタブー」オーパーツの真相
・第4章/超能力・終末予言の真相
・第5章/日本史ミステリー&秘密結社の真相
・第6章/陰謀論&都市伝説の真相
月の先住者
 
月の先住者
   (SECRETS OF OUR SPACESHIP MOON)
   −第3の選択・月面基地の真実−
  著者:ドン・ウィルソン
  訳者:大島和子
  監修:韮澤潤一郎
  発行所:たま出版
  
1983年7月発行:
  【ISBN 4-88481-092-9 C0044】

・第1章/月先住者の痕跡
・第2章/月面上の不思議な光
・第3章/月周辺のUFO活動
・第4章/月は改造されている
・第5章/月は地球人類だけのものではない
・第6章/予想される現象
・第7章/月軌道を決定した動力
・第8章/不可解な月震の意味
・第9章/地殻は月宇宙船の外壁だ
    :
・第14章/月には誰かがいる
    :
月の謎と大予言
  
月の謎と大予言
  −2018年,もう一つの月が再来する!?−
  著者:小笠原邦彦
  発行所:日本文芸社
  
1987年7月発行:
  【ISBN4-537-02055-5 C0244】

・第1章/謎また謎の月の科学
  -いまだに月の不思議はふかまるばかり-
・第2章/月は人工天体である
  -科学的観測を超えるもの-
・第3章/人類のふるさとは月である
  -神話・伝承に残された鍵-
・第4章/天には二つの月がある
  -もう一つの月が再来するとき-

・第5章/楽園は月の内部にあり
  −月空洞世界を夢見た者たち-
・第6章/隠された月のシンボルを探る
  -無意識の深層に生きる月信仰-
・第7章/月は人間の魂を支配する
  -人間に憑いた月さまざま-
月はUFOの発進基地だった!
月はUFOの発進基地だった!
  −NASA極秘フィルムが証明する−
  著者:コンノケンイチ
  発行所:徳間書店
  
1992年4月発行:
  (トクマブックス-620)
  【ISBN4-19-504850-8 C0240】

・第1章/NASA極秘写真が告げる月のUFO基地
  UFOは「地球外文明の飛行物体」である!
  月がUFOの基地である証拠写真
        :
・第2章/月はすでに異星文明に占拠されている!
  成田空港でのハプニング
  NASA極秘のスライドが入っていた
        :
・第3章/神の偉大なひとつ目は天空に輝く
  異常現象の集中地域メシエとピカリング
        :
・第4章/ケネディ暗殺とUFOの驚くべき関連
  「MJ12」と「クーパー証言」の背景
  恐るべきデパンキング(暴露)作戦
        :
ツングース恐怖の黙示
  
ツングース恐怖の黙示
  −遥か原爆以前に,突如,起きた核爆発の謎−
  著者:五島勉
  発行所:祥伝社
  (NON BOOK-111)
  
1977年1月発行:

・第1章/史上空前,謎の大爆発
  (1908年,シベリアのタイガに怪球体激突した)
 ・流刑列車の囚人は何を見たか
 ・巨大なる光る球,オレンジ色の爆発!
 ・1000キロ遠くでも揺れたほどの強震
    :
・第2章/レーニンの秘密指令「急ぎ,探検隊を!」
  (なぜ,革命の最中,ツングースの解明を急いだか?)
・第3章/大隕石説から凍った彗星説へ
  (数学者,宇宙物理学者,SF作家たちが分析を開始)
・第4章/それは、広島原爆の二千倍の核爆発だった!

  (何を意味するのか?検出された大量の放射能)
・第5章/地球破壊を狙う"邪悪な意思"
  (恐怖の可能性,誰が何の目的で水爆を・・)
・第6章/"木星に高度な知的生物が棲息!"
  (なぜ,木星が宇宙観測計画の重要目標なのか?)・・第7章/彼らは,いつ,ふたたびこの地球を襲うか
  ("1999年の滅亡"それはキリストの予言でもあった!)
テソ民族誌
テソ民族誌
  −その世界観の探求−
  著者:長島信弘
  発行所:中央公論社
  
1972年11月発行:
  (中公新書 305)

・第1章/居所を求めて
・第2章/模索の日々
・第3章/呪いと死
・第4章/テソの歴史
・第5章/親族-家族-姻族
・第6章/ラブレターと愛の呪術
・第7章/アジャキットと呪占師
テレパシー
 
テレパシー(精神感応-無言の会話術
 (TELEPATHY -Cosmic or Universal Language)
  著者:ジョージ・アダムスキー
  訳者:久保田八郎
  発行所:文久書林
  
1978年6月発行:
  (文庫本)


・第1部/
  ・テレパシー-すなわち宇宙語-
  ・人間の4つの感覚
  ・触覚-すなわち基本的感覚器官-
  ・第1部の要約
・第2部/
  ・細胞から細胞へ伝わる印象-記憶は不滅-
  ・肉体細胞から来る印象
  ・感情が肉体細胞におよぼす影響
  ・他の遊星から来る印象と地球の習慣的な想念
  ・テレパシーの練習法
・第3部/
  ・自我の抑制
     :
テレパシーと念力
 
テレパシーと念力
  (MINDS WITHOUT BOUNDARIES)
  著者:スチュアート・ホルロイド
  監修:コリン・ウィルソン/クリストファー・エバンズ
  訳者:桐谷四郎
  発行所:学習研究社
  
1977年6月発行:
  (超常世界への挑戦シリーズ-10)

  【0311-168 360-1002】

・1/未知なるものを求めて
・2/初期の心霊研究
・3/ハリー・プライスとその仲間たち
・4/実験室の中のESP
・5/念力
・6/東ヨーロッパにおける超心理学
・7/今日の超心理学
テレパシーの科学
 
テレパシーの科学
  著者:V.メゼンツェフ他
  訳編:金子不二夫
  発行所:文一総合出版
  
1978年6月発行:
  (自然界の驚異シリーズ)


・第1章/催眠と暗示の不思議
・第2章/ヨガ・火渡り・読心術
・第3章/原始的な知覚能力
・第4章/念力を分析する
・第5章/テレパシーの謎
・第6章/科学者はこう考える
・第7章/超心理学はフィクションか現実か
出口王仁三郎の霊界からの警告
 
出口王仁三郎の霊界からの警告
   
−発禁予言書に示された,破局と再生の大真相−
  著者:武田崇元
  発行所:光文社
  
1983年12月発行:
   (KAPPA HOMES)

  【ISBN4-334-05091-3 C0210】

・序章/霊界のプログラム
  村の水飢饉を救った少年
  残された祖父の不気味な遺言
  13歳で教壇に立った天才児
       :
・第1章/禁断のオカルティズム
・第2章/すべては予言どおりに訪れた
・第3章/発禁予言書と大日本帝国の滅亡
  「世界に騒がしきことがはじまるぞよ」
  大正13年に世界の破局がくる?
  「ドイツ皇帝が失脚し,
     その後あらたな大戦争が起こる」
       :
・第4章/大予言書『霊界物語』の謎を解く鍵
・第5章/21世紀,日本が世界の王になる
  大正時代にワープロやファックスの出現を予言!
  超LSIによるテレビ・ウオッチも予言していた
  テクノロジーの進化が「ミロクの世」を出現させる!?
       :
・付章/霊界革命者・出口王仁三郎
   


 (た)〜(と)  NO.9  詳細  
出口王仁三郎の大降臨
 
(BOOKカバーなし)
出口王仁三郎の大降臨
   
−霊界の復権と人類の大峠−
  著者:武田崇元
  発行所:光文社
  
1986年2月発行:
   (KAPPA HOMES)

  【ISBN4-334-05125-1 C0210】

・第1章/霊界の復権
  「艮の金神」の不吉な顕現
  「立替え立直し」のはじまり
  未曾有の破局が襲いかかる
      :
・第2章/モンゴル伝説の暗示
  狂気の弾圧と「霊界物語」の初動
  神勅とモンゴル王国の建設
  モンゴル敗退の隠された力学
      :
・第3章/謎の秘教霊学
  霊学のブラック・ホール
  王仁三郎の「神業」の秘密
  鎮魂法で船を転覆させる
       :
・第4章/王仁三郎と霊界の密約
・第5章/「大峠」と戦慄の真相
・エピローグ/出口王仁三郎の降臨
電磁波が危ない
 
電磁波が危ない
   
−あなたの脳と体を蝕む「見えない脅威」とは−
  著者:吉永良正
  発行所:光文社
  
1989年2月発行:
   (KAPPA SCIENCE)

  【ISBN4-334-06040-4 C0255】

・いま、電磁波が人類を襲いはじめた
1/電磁波を制する者が、世界を制す
  T/社会問題化する「電磁災害」
  U/「VDT障害」症候群とは
  V/未来兵器に利用される電磁波
2/日本のコンピュータ社会を直撃する電磁波
  T/電子機器の「反乱」
  U/電磁波のあるところ、電磁ハザードあり
  V/OAオフィスを徘徊する「幽霊」
3/人が電子レンジに入れられるとき
  T/電磁ハザード研究の後進国・日本
  U/輸出立国・日本を揺るがす電磁波
 :
電磁波の正体と恐怖
電磁波の正体と恐怖
   
−携帯電話やパソコン、電子レンジは安全か?!−
  著者:小山寿
  発行所:河出書房新社
  
1996年6月発行:
   (KAWADE 夢新書)

  【ISBN4-309-50102-8 C0240】

・1/あなたの認識を一変させる
   欧米からの戦慄レポート
・2/そもそも電磁波とは?
   見えない悪魔の正体に迫る
・3/電磁波は私たちの体を
   どう蝕んでいくのか
・4/わが国の電磁波対策、
   どこまで安心できるのか
・5/日常生活の電磁波から
   身を守る知恵と方法
伝説の王妃
   ネフェルティティ

伝説の王妃
  ネフェルティティ 
(NOFRETETE)

   
−謎に包まれた数奇な運命とその生涯−
  著者:フィリップ・ファンデンベルク
  訳者:金森誠也
  発行所:佑学社
  
1976年11月発行:
  【8643】

・1/コンピュータ
・2/美女
・3/発掘物
・4/ファラオ
・5/世界的都市
・6/未亡人
・7/後継者
・8/夢の都
・9/神々
・10/反目
・11/終末
伝説のコンタクティ30年間の記録
  私が出会った宇宙人たち

 
伝説のコンタクティ30年間の記録
  私が出会った宇宙人たち

  著者:ハリー・古山
  発行所:徳間書店   
  
2008年11月発行:
  
(5次元文庫038) 
  【ISBN978-4-19-906042-7 C0144】

・第1章/宇宙人は
   すでにあなたのこんな身近にいる!
・第2章/オレンジ色のUFOに命を救われる
・第3章/あなたも知らずに
   宇宙人と出会っている!
・第4章/宇宙人にもらった地図で
   クリスタルピラミッドを発見!
・第5章/アダムスキーがオーソンとコンタクトした
   本当の場所発見!
・第6章/マイ・ディア・フレンド宇宙人「J」との交流
・第7章/宇宙人も認めてくれた
   「マリアとイエス」の本当の話
・第8章/メキシコの楽園「サンホセ・プルア」は,
   宇宙人の友人たちと会議をもった場所!
・第9章/異星文明との交流の証拠?
   パレンケの森の神秘!
      :
伝説の秘密諜報員ベラスコ
伝説の秘密諜報員ベラスコ
   −"天皇の金塊"の真実を知っていた男−
  著者:高橋五郎
  発行所:学研パブリッシング
  
2014年9月発行:
   
MU NONFIX
   【ISBN978-4-05-406131-6 C0231】

・序章/ミカドとスパイの戦友
・第1章/"スパイ"の肖像
・第2章/ナチス・ドイツの亡霊
・第3章/世界のスパイ
・第4章/ナチズムの深淵
・第5章/原爆の背後に蠢く黒い面々
・第6章/世界勢力と国賊たち
・第7章/世界連邦政府の企み
・第8章/地球規模の悪事
・第9章/疑わしきものの真実
東京大壊滅
東京大壊滅
  −地球脈動理論が明かす恐怖の実体−
  著者:正村史朗
  発行所:徳間書店
  
1983年5月発行:
   (TOKUMA BOOKS)

  【ISBN4-19-502723-3 C0244】

・1/巨大地震はすでに始まっている
・2/巨大地震はいつ発生するか
・3/このままで生き残れるか
・4/これが東京大壊滅の全貌だ!
東西不思議物語
 
東西不思議物語
  著者:澁澤龍彦
  発行所:河出書房新社
  (河出文庫 
  
1982年6月発行:
  
【0195-101211-0961】

・1/鬼神を使う魔法博士のこと
・2/肉体を抜け出る魂のこと
・3/ポルターガイストのこと
・4/頭の二つある蛇のこと
・5/銅版画を彫らせた霊のこと
・6/光の加減で見える異様な顔のこと
・7/未来を占う鏡のこと
・8/石の上に現れた顔のこと
・9/自己像幻視のこと
・10/口をきく人形のこと
・11/二人同夢のこと
・12/天から降るゴッサマーのこと
・13/屁っぴり男のこと
・14/ウツボ舟の女のこと
     :
特写・謎の地球文明
   (GOROデラックス)
特写・謎の地球文明
  
(GOROデラックス)
  責任編集:荒巻義男
  発行所:小学館
  
1978年9月発行:
  【雑誌4413-9】

●Part1/ピラミッドラインに仕掛けられた謎
 ・マヤ文明の異形ピラミッド
 ・ナイル河畔の象徴,ピラミッド
 ・なぜ,日本にもピラミッド文明が
 ・バベルの塔もピラミッドか
●Part2/奇怪!巨石像はなぜ世界中にある
 ・絶海の孤島イースターの主モアイ
 ・大エジプトの力示す巨石像
 ・見よ!これが超古代の顔だ
●Part3/超巨大地上絵群は21世紀への警告か
 ・ナスカの地上絵は航空標識
 ・イギリスの田園を圧する男根巨人像
 ・大和三山も地上絵だった
●Part4/超古代に大石造建築の天才がいた
●超古代史の謎・解決編(荒巻義男)
 ・仮説1/沈没大陸説-ムー,アトランティス
 ・仮説2/地球外文明の飛来説-すべてはメソポタミアへ
 ・仮説3/エジプト.メソポタミア文明伝播説-
        歴史はウル・シュメールに始まる
●【特別寄稿】日本語の起源はメソポタミアに(川崎真治)
  


 (た)〜(と)  NO.10  詳細  
トンデモ超常現象99の真相
 
トンデモ超常現象99の真相
  著者:と学会(山本弘+志水一夫+皆川龍太郎
  発行所:洋泉社
  
1997年3月発行:
   
【ISBN4-89691-251-9 C0076】

・第1章/UFOの伝説
  ・ケネス・アーノルドは世界初の空飛ぶ円盤目撃者!?
  ・ロズウェルに墜落した謎の物体は空飛ぶ円盤か!?
  ・アメリカ政府にはUFO研究組織「MJ-12」がある!?
  ・米軍は秘密組織「エリア51」でUFOを研究している!?
  ・UFOはナチス・ドイツの秘密兵器だった!?
  ・カルフォルニア海岸でアメリカ軍がUFOを撃墜した!?
       :
・第2章/異星人の伝説
・第3章/大宇宙の伝説
・第4章/地球大異変の伝説
・第5章/古代文明の伝説
・第6章/超科学の伝説
・第7章/奇跡と怪奇現象の伝説
・第8章/霊と死後の世界の伝説
・第9章/大予言の伝説
・第10章/超能力の伝説
・第11章/超自然の伝説
トンデモ本の世界
 
トンデモ本の世界
  
著者:と学会(山本弘、藤倉珊 他)
  発行所:洋泉社
  
1995年5月発行:
   【ISBN4-89691-166-9 C0076】

・第1章/と学会推薦図書目録
  ・君に円盤は見えるか? UFO・宇宙人本
   ☆矢追純一「ナチスがUFOを造っていた」
   ☆深野一幸「〔超真相〕宇宙人!」
        :
  ・怪しい科学の魔の手 超科学・疑似科学本
  ・信じる者ほど救われない 宗教・オカルト本
  ・街は陰謀でいっぱい 国際謀略-陰謀史観本
     :
・第2章/平成トンデモ人物列伝
・第3章/さらなるトンデモの世界へ
銅鐸とコンピュータ
 
銅鐸とコンピュータ
  −古事記が予言する未来技術−
  著者:山田久延彦
  発行所:徳間書店
  
1981年1月発行:
  【0021-552158-5229】

・未来技術に挑戦する古事記
・T/思金の神の足跡を探る
・U/若狭の不思議な古代文明
・V/銅鐸は古代史の謎を解く鍵
・W/現代のコンピュータに未来なし
・X/銅鐸こそ未来のコンピュータ
・Y/思鐘の神が解明した古代史の実相
・Z/神々が遺した巨大土木工事
銅鐸の謎
 
銅鐸の謎
  −この絵は何を物語るか−
  著者:大羽弘道
  発行所:光文社
 
 1974年5月発行:
   (KAPPA BOOKS)
  【0221-00306-2271(0)】

・第1章/銅鐸絵文字の解読
  (1)日本の固有文字を探る
  (2)絵文字解読の手がかり
  (3)絵文字が語る驚くべき事実
  (4)たったひとつの欠陥
・第2章/銅鐸の年代はいつか
  (1)銅鐸絵文字の四百年の壁
  (2)銅鐸と蘇我一族
・第3章/絵文字が語る蘇我王朝の秘密
  (1)蘇我王朝の基礎づくり
  (2)馬子、真神原に大王即位
    :
・第4章/征服王朝の終焉
  (1)初代征服王崇神
    :
動物の超能力
 
動物の超能力
  −驚異のスーパーマンたち−
  著者:伊藤政顕
  発行所:KKベストセラーズ
  
1975年12月発行:
   (ベストセラーシリーズ<ワニの本>)
  【0245-011271-7617】

・第1章/伝書バトの超能力
     驚異の計器飛行
・第2章/渡りの秘密
     方向感覚の秘密
・第3章/超音波探知器をもつ動物たち
     動く精密機械
・第4章/超嗅覚の世界
     不思議な行動の謎を解く
・第5章/目も鼻も耳も必要ない
     衝撃の皮膚感覚
・第6章/スーパー能力の切り札
     魔法使いの動物たち
   :
   
動物は地震を予知するか
動物は地震を予知するか
   −異常行動が教えるもの−
  著者:力武常次
  発行所:講談社
  
1978年1月発行:
  (ブルーバックス B-343)
  【0242-179434-2253 (0)】

・第1章/ルーマニア地震とミミズ
・第2章/北イタリア,フリウリ地震の場合
・第3章/中国の地震予知と動物
・第4章/アメリカ版,動物と地震
・第5章/ソ連,ユーゴスラビア,中南米・・・
・第6章/哺乳類と地震
・第7章/鳥と地震
・第8章/魚と地震
・第9章/ヘビ,昆虫,ミミズ・・・と地震
・第10章/地震の先行現象
・第11章/先行現象としての動物の挙動
・第12章/動物は何に感じるのか
・第13章/地震予知情報の実際的分類
・第14章/今後の研究の進め方
童夢
童夢
   著者:大友克洋
  発行所:双葉社
 
 1983年8月発行:
  (ACTION COMICS)
  【雑誌50116-79

  
土偶の謎
土偶の謎 −古代史の謎シリーズ3−
   −縄文時代の怪異な遺産は何を語るか?−
  著者:川崎真治
  発行所:二見書房
 
 1975年12月発行:
  (サラ・ブックス-73)
  【0221-751184-77339

・第1章/謎を見る旅
  ・遮光器土偶はこうして発見された
  ・「津軽なんじょなんじょ」に秘められた謎
  ・古代東北日本は蝦夷の天下だった
      :
・第2章/謎を解く鍵はどこに?
  ・"ことば"から古代世界を復元できるか
  ・古代津軽人の系譜をさぐる
  ・首なし・足なし土偶がキーポイント
・第3章/驚くべき事実を発見
・第4章/遮光器土偶を解剖する