UFO目撃と宇宙人遭遇、怪奇事件!(不思議大好きUFOマニアのためのサイト)
日本のUFO遭遇 

No.1975002a  戻る

夜間、埋立地で宇宙人を撮影

日時
1975年(昭和50年)3月31日

場所
愛媛県川之江市の大江埋立地
目撃した宇宙人とは
白光とオレンジ色の光につつまれていた。身長約1.7メートル。
出典図書:
『UFOと宇宙』(NO.28;1977年11月号),【驚異の宇宙人撮影事件】
撮影された写真と状況
1975年3月24日の21時すぎ
,川之江市に住むSさん(当時53歳,写真材料店経営)は,同市の大江埋立地で約100メートル前方地上2メートルの空間に浮かび上がった不気味な人影を発見した。その時,Sさんはひどい頭痛がおこったという。
7日後3月31日夜,埋立地に行ったSさんは,23時ごろにまたも頭痛がはじまって緊張したとたん,約100メートル前方に青白い放電現象を目撃した。それは4〜5分続いたあと,突如,身長が1.7メートルぐらいの人間の像が空中に出現して,ゆっくり降下し,地上30センチメートルの空間に浮かんだまま,すべるようにSさんに向かって進んできた。このとき,Sさんは夢中でシャッターを切り続けた。
白光につつまれたその人像は,Sさんの前方50メートルのところまでくると,向かって右の方にくるりと向きを変え,今度はヒザを曲げて普通の歩き方をしている。そして10メートルばかり進んでスーッと消えてしまったという。

    
【写真:左から右へ;『UFOと宇宙』(NO.28;1977年11月号)から】

 Sさんは,宇宙人を撮影直後,気がつくと右手に,写真の石を握っていたという。【写真;『UFOと宇宙』(NO.28;1977年11月号)から】

 Sさんが描いた現場付近の地図。【『UFOと宇宙』(NO.28;1977年11月号)から】

また,Sさんは以前から,UFOに興味をもち,何度かUFOをカメラに収めている。以下の写真は,
1975(昭和50)年2月3日午後4時,市内にある城山から撮った連続写真のうちの2枚である。
  【写真;『UFOと宇宙』(NO.28;1977年11月号)から】

 Copyright (c) 2017.Minoru Oomiya