UFO目撃と宇宙人遭遇、怪奇事件!(不思議大好きマニアのためのUFOサイト)
日本のUFO遭遇

 ★トップページ ★事件詳細  ★有名事件   ★有名事件 ★有名事件 
UFOレガシー(世界のUFO事件についてはこちら) 人物紹介 人物紹介  人物紹介  人物紹介 

書籍紹介       UFO本・UFO関連本
出典ライブラリー
当サイトで参考にした
UFOの関連本(UFOレガシー)
 

 最近のUFO関連おススメ本    
180 書籍名 420 内容 
300 出版社等 
  「『新』怪奇現象41の真相」
 ASIOS
テレビやネットで話題の超常現象についてのASIOSならではの解明・解説・真相が載っています。UFO事件で取り扱っているのは下記です。
1.黒騎士の衛星は実在するか?(文:寺薗淳也)
2.「バナナTV」のUFOは本物か?(文:秋月朗芳)
3.地球製UFO「TR-3B」の墜落写真(文:蒲田典弘)
4.エルサレムのUFOビデオ(文:皆神龍太郎
5.大空を飛ぶ「不定形UFO」の正体は?(文:秋月朗芳)
6.ボイド・ブッシュマンの死の告白(文:加門正一)
7.太陽から給油する超巨大UFO(文:寺薗淳也)
8.喜望峰に現われた空飛ぶ円盤の写真(文:本城達也)
9.タリバンを攻撃するUFO形戦闘機(文:羽仁礼)
10.「ロズウェル・スライド」の正体(文:蒲田典弘)
11.実在した!?アメリカ空軍UFO調査機関(文:秋月朗芳)
12.バスカグーラUFOアブダクション事件(文:加門正一)
彩図社:
2016年1月発行:
【ISBN978-4-8013-0119-1 C0076
「SKY PEOPLE
 アーディ・S・クラーク
 訳:元村まゆ
「YOUは」宇宙人に遭っています』の続編というべきもので,アーディ・S・クラーク博士の先住民族からの取材で,彼らの宇宙人との遭遇体験を紹介しています。今回はメソアメリカ(ベリーズ,ホンジュラス,グアテマラ,メキシコ)に住む先住民を対象にしています。クラーク博士の取材に対する誠実さには驚かされます。 ヒカルランド:
2015年12月
発行:
【ISBN978-4-86471-328-3 C0011
「スペースプログラムが予言する終末へのカウントダウン」
 韮澤潤一郎
宇宙人が人類に対し計画したスペースプログラムとは? その行方は? 人類が原爆を開発し始めたころ起きたUFO事件(ロサンゼルス事件)からの問題をからめて解明してゆきます。 たま出版:
2015年11月
発行:
【ISBN978-4-8127-0388-5 C0011
   
「アメリカ大統領はなぜUFOを隠し続けてきたのか」
 ラリー・ホルコム
 訳:安納令奈
アメリカ政府がUFO問題をなぜ秘密政策扱いとしているのか? ルーズベルト, トルーマン政権時からのUFO事件の関係から詳細に述べられています。著者のラリー・ホルコム氏アメリカの著作家で50年以上にわたってこの問題に取り組んでいるUFO研究家です。 徳間書店:
2015年9月
発行:
【ISBN978-4-19-864016-3 C0022
  「謎解き超常現象W」
 ASIOS
過去のUFO事件についてASIOSならではの解説(真相)が述べられています。今回,述べられているUFO事件は,以下のようなものです。
1.ロドファー・フィルムの真相(文:山本弘)
2.ロサンゼルスUFO攻防戦(文:皆神龍太郎
3.日航ジャンボ機UFO遭遇事件(文:皆神龍太郎
4.ラエリアン・ムーブメントとは?(文:山本弘)
5.江戸「うつろ舟」ミステリー(文:加門正一)
6.オーロラ事件の真相(文:加門正一)
7.バレンティッチ行方不明事件(文:加門正一)
8.レンドルシャムの森事件(文:羽仁礼)
彩図社:
2015年1月発行:
【ISBN978-4-8013-0050-7 C0076
「実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO」
 佐藤守
2010年7月に発刊された同著者の『実録自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO』に、新しく寄せられた情報を大幅に加筆したものになっています。
著者の佐藤守氏は1997年に退官した元自衛隊空将です。飛行時間は3800時間におよび数多くの自衛隊機の操縦経験があります。
講談社:
2014年11月
発行:
【ISBN978-4-06-272875-1 C0295】
「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ」
 矢追純一
その後(マスコミから遠ざかっていた)の矢追純一氏の集めたUFO情報が載っています。 明窓出版:
2014年9月発行:
【ISBN978-4-89634-347-2 C0093
「YOUは」宇宙人に遭っています」
 アーディ・S・クラーク
 訳:益子祐司
過去十数年に渡る北米の先住民族からの取材で,彼らの宇宙人との遭遇事件を紹介しています。取材の数も膨大ですが,これほど多くの先住民が宇宙人と遭遇していたことに驚かされます。著者のアーディ・シックスキラー・クラーク博士は,人生を先住民族たちへの協力に捧げてきたそうです。米国モンタナ州立大学教授として名誉退職後もインディアンや世界中の先住民族たちのコンサルタントとして貢献を続けているということです。また,翻訳(益子祐司氏)もすごく読みやすく,感動の一冊です。 明窓出版:
2013年10月発行:
【ISBN978-4-89634-334-2 C0093
「超常現象を科学にした男」
 ステイシー・ホーン
 訳:ナカイサヤ
 監修:石川幹人
超心理学(人間が発揮することにより引き起こされる超常現象【ESP,テレパシー,透視,予知,PKなど】を科学的に解明しようとする学問)の研究方法を確立したJ・B・ライン博士の伝記です。 紀伊国屋書店:
2011年7月発行:
【ISBN978-4-314-01077-1 C0040

 この他・最近のUFO関連本 

 なつかしのUFO専門・関連誌(単行本以外)    
180 書籍名 420 説明 300 その他
機関誌『UFOcontactee』
(No.83〜No.146);
日本GAPの機関紙として発行されたが、「UFOcontactee」になったのは83号(1983年)から。第1号は、「日本GAPニューズレター」として1961年に発行された。
  ⇒・Cosmic Consciousness
        
        (No.95)
専門誌『コズモ』
(No.1〜No.9);
専門誌『UFOと宇宙』
(No.10〜No.94);
コズモ出版社(後にユニバース出版社と改名)から1973年に誌名「コズモ」で創刊されたUFO専門誌。10号からは誌名を「UFOと宇宙」とし、94号(1983年5月号)まで刊行された。
  ⇒・Cosmic Consciousness
        
        
(No.5)
雑誌『ムー』
(1979〜);

   
1979年に滑w習研究社が創刊したミステリー総合誌。
扱う内容はUFO、超能力、UMA、奇現象、古代文明、神秘、スピリチュアルetc。
創刊から6号まではA4版で隔月刊。7号からB5版に変更。14号(1982年の1月号)からは月刊となり発行を続行し、2014年3月号で400号に達した。
発行所は、滑w習研究社から滑w研パブリッシングに変更。
         
        (創刊号)  (No.400)
月刊『ボーダーランド
(1996〜1997);
 
1996年6月号が創刊号。超常世界の謎とタブーに挑戦するラディカル・マガジン。荒俣宏氏が編集。最初、柑ーアンドディー・エンタープライズが発行したが、あとに滑p川春樹事務所になる。         
         (Vol.11)
週刊-ZONE
(No.1〜No.84);
1997年にデアゴスティーニから発行された週刊誌。
現在の科学では解明できない現象を取り上げ検証している。
        
         
(No.14)

 UFO書籍出版社サイト案内    
250 出版社名 350 刊行本(サイト内に存在する主なもの)    300 出版社公式サイト
◎国書刊行会
  =>Wikipedia(国書刊行会)
●アトランティスの記憶
●怪奇の解剖学
●激変の地球
●心霊の次元
●空飛ぶ円盤の真実
●超精神回路
●モスマンの黙示
●幽体離脱
国書刊行会(http://www.kokusho.co.jp)
◎たま出版
  =>Wikipedia(たま出版)
●宇宙人はなぜ地球にきたのか
●UFOからの黙示録
●プレアデス星訪問記
●スペースプログラムが予言する終末へのカウントダウン
たま出版(tamabook.com)
◎徳間書店
  =>Wikipedia(徳間書店)
クラリオンからの伝言超次元スターピープルの叡智
完全ファイルNASAがひた隠す衝撃の
  プラズマ宇宙論&太陽系超先端情報
徳間書店(http://www.tokuma.jp)
◎ヒカルランド  超太古マヤ人から連綿と続く宇宙人との繋がり
  
SKY PEOPLE
  今なぜ緊急に接触を強めているのか

SHOCKING MOON 知ったら夜も眠れない
  
月の重大な真実
ヒカルランド(http://www.hikaruland.co.jp)
◎明窓出版  ●「YOUは」宇宙人に遭っています
「矢追純一」に集まる未報道UFO事件の真相まとめ
明窓出版(http://meisou.com)

 
 Copyright (c) 2015.Minoru Oomiya