日本回想療法学会について

 回想療法は、2000年から普及されてきた最新の認知症予防・介護予防技術です。日本回想療法学会は、「ADL記憶の維持」と「1H話法の実践」を教育普及しています。


@10歳〜15歳の記憶にADLの記憶が含まれている。


電気製品の操作がわからなくなったり、料理がうまくできなくなったりするのは認知症と言うより、老化によるボケです。お風呂で体を洗う方法を忘れたり、道に迷ったりするのを認知症と言います。ADL(日常生活行動)は、着替えなどの日常的な生活行動のことを言います。このADLはすべて10歳〜15歳に教えられ、習得し「記憶」されたもので、いわゆる「しつけ」された行動です。だから、10歳〜15歳の記憶が消えるとADLも消えてしまうのです。


A記憶を消さないようにする回想法


大切なADL記憶を消さないためには、大脳細胞の消滅を軽減する必要があります。そのために身体運動をして大脳細胞へ酸素や栄養を供給することは大切です。でも、大脳細胞そのものが供給された酸素を消化する運動(記憶刺激)をしないと、せっかく脳へ供給された酸素はそのままカラダへ戻ってしまいます。しっかり酸素を脳内消化するためには、楽しいおしゃべりで大笑いするのが一番。おしゃべりして、笑って、おいしい食事をいただく。こんな素敵な脳トレが認知症予防ならば、すべての人が楽しく実践できますね。


内閣総理大臣認証 特定非営利活動法人
日本回想療法学会  会長  小林幹児


日本回想療法学会の入会について

 日本回想療法学会では、学会の活動に賛同して回想療法の研究活動に参加される方々を募集しています。入会条件はありません。当学会は回想療法を実践する方々を中心とした学会ではありますが、回想療法を学びたい方であればどなたでも入会できます。

研究発表の場として、通信教育の実践場として、大切な人へのケア技術として、また、将来の技術向上を目指して学びたいなど、ひとりひとりの希望が叶うよう研究と実践が深まって行くことを期待しています。


メールではなく紙面でのお申込みをご希望の方は、以下の申し込み書類を印刷・必要事項を記入していただき、日本回想療法学会までファックスか郵送にてお送りくださるようお願い申し上げます。


PDF 回想療法通信講座の詳しい資料を印刷するにはこちらから

PDF 回想療法通信講座の申し込み書類はこちらから


PDFを開くには、アクロバット・リーダーがパソコン内に入っている必要がありますので、もし、書類が開けなかった場合につきましては、お手数ですがアクロバット・リーダーのダウンロードページから、最新版をダウンロードして(無料)開いてくださるようお願いします。

日本回想療法学会のメーリングリスト

Copyright(c) 2015 内閣総理大臣認証法人 日本回想療法学会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com