患者の権利を守るための意思表明書

 医学的延命処置を拒否する意思表明書とは、「患者の側」から考える尊厳死を基本としています。「医療側」からはインフォームドコンセントの大切さが叫ばれているのにもかかわらず、まだまだ実践されていないのが現実です。本当に大切なことは尊厳死を語る前の「病状告知の充実」なのです。


尊厳死という終末期に至るまでの時間を充実するため、医師に対して正確な病状告知を求めることが人間としての権利だと、日本回想療法学会では考えています。

患者の権利を守るための意思表明書

 最高裁判所の判決により、医師に患者の延命処置が義務付けられました。つまり、原則として延命処置をしなければならないということです。具体的には、人工呼吸器、人工心肺装置などです。これを一度装着しますと、どんなに家族が取り外しを依頼しても医師は殺人罪の可能性があるため、法的に取り外すことができませんが、患者本人が生前にはっきりと延命拒否を表明していれば、医師は延命処置を中止することができます。SDDはこうした本人の意思を明確に医師に伝えることを目的としたものです。
 内閣総理大臣認証特定非営利活動法人日本回想療法学会では、本人の意思表明を第三者証明しています。ですから、万が一の場合、家族が離れていたり、自分の意識がはっきりしていなくてもSDDを医師に提出しておくか、もしくは所持していれば延命処置を拒否できます。医師からの問い合わせに答えます。
 今までのケースでは、自宅外で倒れて救急病院に搬送され、人口呼吸器を装着された方がいました。日頃から延命拒否だと語っていたのですが、文書にしなかったため、家族が医師にどんなに依頼しても亡くなるまで人工呼吸器がとれませんでした。

意思表明書の記入と保管について

 以下をよくお読みの上で必要事項を入力していただき『送信』ボタンを押すと日本回想療法学会へメールが送られます。(当学会が責任をもってWEB保管をさせていただきます)


医学的延命措置を拒否する意思表明書


署名日:

お名前:

生年月日:

都道府県と市町村:

番地と建物等名称:

メールアドレス:

署名人:

署名人:

キーワード:

控えを送る(あなたの元へメールの写しを送ります)

紙面でのご記入をご希望の方はこちらから

 メールによる送信が不安な方は、以下の(印刷用)『医学的延命処置を拒否する意思表明書』を開き印刷の上、必要事項を記入していただき、日本回想療法学会までファックスか郵送にてお送りくださるようお願い申し上げます。

1、用 紙:SDD用紙(PDF)を印刷して郵送してください。
2、住 所:現住所を記入してください。
3、キーワードを忘れずご記入ください。
4、費 用:無料


PDF このページを印刷して必要とされる方々にご紹介ください

PDF 医学的延命処置を拒否する意思表明書はこちらから


必要となりましたらご連絡ください。すぐに保管した、あなたのSDDをお届けします。

当学会へご連絡の際には、SDDに記入した登録番号とキーワードをお忘れなくお書き添えください。登録番号とキーワードが同じ場合のみSDDを送信いたします。

日本回想療法学会 事務局:
〒300-1514 茨城県取手市宮和田 2832-2
電話 0297−83−0556/ FAX 0297−83−0530


回想療法センター取手は心理相談室も付属しています。お気軽にご相談ください

Copyright(c) 2015 内閣総理大臣認証法人 日本回想療法学会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com