自作オリジナル抜き文字ステッカー
 
(A4サイズ1面分)
(巾35cm)

 「大人のスポーツカー」をコンセプトにランサーをカスタマイズしているハズのオイラですが・・何故かステッカーチューンが大好きだったりします。
 ・・とは言え、あまり派手なのはコンセプトに反しますので、「静かなる自己主張」を狙ってグレーのカッティングシートで自作してあります。

 ところで、カッティングシートを使用した抜き文字ステッカーと言えば・・

 ※ カッティングシート
 ※ 転写用リタックシート

 この2つが必須アイテムですが、後者のリタックシートがなかなか売っていない上に、意外に高価(らしい)です。また、型に沿ってカッティングシートを切り出す作業も(色々やり方はありますが)結構コツが必要です。
 そこで、出来るだけ安価で入手しやすい材料で、出来るだけ作業しやすい方法を・・と色々試行錯誤してみました。

 そんなワケで、今回は「自作抜き文字ステッカー」の紹介です。


(1)準備する物


デモンストレーション用に・・サイトロゴをそのまま。

 まずはカッティングシート、ステッカーのデザイン、
 これは基本ですが・・

 その他に以下の3つを準備します。

「ポリエチレン仮止めテープ」
 100円ショップで購入した「仮止めテープ」です。
 粘着力が弱く、また伸縮性もなく半透明なので、転写用リタックシートの代わりに使用します。
 また、切り出し時にカッティングシート裏に貼り、切り過ぎ防止の補強にも使えます。
「ラベル用紙」
 これも100円ショップで購入したラベル用紙です。
 100円にこだわる必要はありませんが、普通紙の薄手のものが作業しやすくオススメです。
 逆に、スーパーファイン紙等は厚みがあって作業しにくくなってしまいます。
「ハンドクリーム」
 カミさんに借りたハンドクリームです。
 これの値段は解りませんが・・同様の物であれば何でも良いと思います。
 これがどう「使える」かは・・お楽しみ。

−−−−−−−−−−

(2)作り方

 ラベル用紙にステッカーデザインを印刷します。
 これをカッティングシートに貼って「型紙」にしますが、次の作業がポイントになります。
 続いて、カッティングシートにハンドクリームを塗りたくります。
 これにより、ラベルを貼付けても多少の粘着力を持ち、なおかつキレイに剥がせるようになります。
 ラベルの剥離紙を剥がしてカッティングシートに貼付けます。
 ラベル周囲のクリームを拭き取ったら、四辺をセロテープで留めておきます。
 これで、万が一にも型紙がズレる心配がなくなります。
 裏面に先ほどの「仮止めテープ」を貼付けておきます。
 これで、切り出しの際に深く切り過ぎても、文字が抜ける心配がありません。

 ここまでやったら、型紙ラベルのデザインに沿って、切り出して行きます。

 こればかりは根気と慣れですので、焦らずじっくりとやりましょう。
 強いて言うなら、

 直線部分は普通のカッターと定規(金属ガイド付きがオススメ)で、
 曲線部分はデザインナイフで。
 それと、切り抜いた部分の型紙ラベルは、先に剥がしてしまいましょう。

 とにかく根気良く、です。

−−−−−−−−−−

 取り敢えず、切り出し作業は完了です。
 如何せんハンドメイドですので、多少歪(いびつ)なのは我慢しましょう!
 上から仮止めテープを貼り、指でしっかりと押さえておきます。
 気温が低い時には特に、粘着力が低下してカッティングシートがテープに貼付きにくいこともあります。

 カッティングシートの剥離紙をゆっくりと剥がし、市販の「抜き文字ステッカー」と同じ要領でクルマに貼付けます。
 (細かいパーツは特に)なかなか貼付かないことがあるので、少しずつ、丁寧に剥がしましょう。

 そんなこんなで・・
 完成です!


ちょっとバランスが悪くなっちゃった・・

 完全にハンドメイド、カッター2本で手で切り出しているため、側で凝視すると細かい部分の粗さが結構気になります。
 ですが、遠目には意外に解りません。

 低コストで、なおかつ(切り出し以外は)簡単に出来るので、興味がおありでしたら是非チャレンジしてみて下さい。