DynamicHTML Samples
work width NN4&IE4

HOME

Browser
Cross
1998.7.9--昨日DHTML本脱稿しました(へへ)。7/24頃に出回るそうですが、前著の時はすぐに完売してなかなか手に入りませんでしたから(笑;;)もしかしたら予約しておいた方が安全かも(_ _b(部数少ないんです^^;)。タイトルは「だれでもカンタンDynamicHTMLサンプル集」; 発行 : 秀和システム ; 著者 : 高橋登史朗 ; ISBN4-87966-807-9ということになってます。タイトルは「カンタン」でも入手は「カンタン」ではないよ〜とf^^;;;;。え〜と値段は確か2800円+税だと思います。

著作権フリーのcrooss-browserのDHTMLscriptが90本CD-ROMに入ってるのでかなりお得な気はします(^-^)。本というよりアプリな感じですね〜。

***
ここでやろうとしているのはNNとIE共通で動くDynamicHTML(最近はCross Browserなどと呼ばれています)の基本文法を あぶりだそうということです。これは、わたしもやってみなければわかりませんが(笑)、たぶんNetscape社にもMicrosoft社にもわからない? or 公表していない部分についての作業です。

Cross BrowserがあたりまえのJavaScriptから見るとこの言い回し自体が変な感じ(笑)なんですがDynamicHTMLを扱う時にはこの考え方無しでNNとIEを互換させることは不可能です。

そして、当然ですがJavaScript1.1+アルファの部分とW3CのCSS-Pに関して両ブラウザはかなり互換しており、その部分だけでも充分にブラウザをベースとしたクロスプラットフォームでかつ使えるDHTMLアプリ開発ができそうに思えます。NNとIEのDHTMLが非互換だとあきらめてonlyNNやonlyIEへ走ってしまう前に互換部分で使えるものについてもう少し調べてみましょう(^0^)/。INTERNETは無数の異環境を結び付けてゆく世界です。そこで、必要とされる言語の特性が少なくとも非互換ではないことだけはどうせ(笑)明らかなのですから。