How To Use
この本の読み方(使い方)






この本は、HTMLが使える(たとえば自分のページを持っている)人で、JavaScriptの入門者からヘビーユーザーまでを対象としています。手軽にサンプルをコピーして使うことで、初心者にはJavaScriptの理解を早め、ヘビーユーザーには、バグ回避などがすでに入ったサンプルを利用することで、Script作成の時間を短縮します。 サンプルを1ページ,2ページ,4ページ単位で探しやすい構成にしてありますので、本そのものをCD-ROMのサンプルを探す目次として使うと便利です。 PART3とPART4のリファレンスはNetscape2.0,3.0,4.0とJavascript1.1,1.2の仕様をコンパクトにまとめてあります。改造の際のクイックリファレンスとしてご利用ください。 また、著者によるオンラインサポートページへリンクしていますので、最新のバージョンアップ情報やバグ情報などを手軽に入手できます。(尚、オンラインサポートページはなにぶん著者がたった一人でメンテナンスを行うものですので、そのままでは物理的も能力的も限界があります(^^;;。どうか、この限界を皆さんの情報提供によって補完できますようにご協力をお願い致します_ _)。


 

まず、

1● 本をぱらぱらめくってみて(^^)
自分のページに
埋め込みたいスクリプトを
探します。

2● なければ(笑)、ともかくCD-ROMを開いてください。
なにはともあれ、サンプルを 動かしてみましょう。
(で、4●へ行く)

3● 本を見て埋め込みたいスクリプトを見つけたら......

4● まず、
CD-ROMの
CONTENTS.HTM
を開いてください。この本
の目次と同じ中味のページが開くはずです。

5● 次に、目次の中から
サンプルページを選んでクリック
します。

6● すると、新しいウインドウが開いてそこに目的のサンプルページ
が表示されます。

7● そこでまず、
そのスクリプトの動きを
確認してください。

8● 説明を読む必要はありません!!

9● 動きが気に入ったら

10● 画面下のソースを
コピーして自分のページの
HTMLの中に貼り込みます。

これでokです(^^)v。

11● あとは応用などを見ながら自分用に改造してみてください。

12● 説明やリファレンスはその時に使います。わかっている人は
読む必要がありませんし、わからない人がこの段階の前に読むのは、
どうせ、ここでまた確認するわけですから結局2度手間というもので
す(^^)。読まなくたって、動くんですから、まず、どんどん
、コピーして使うことからはじめてください。


何度でも繰り返します。
まず、
動かしてみてください


たとえば、
車でドライブに行くときに、彼女を待たせてエンジンのしくみを勉強
するようなことはやめときましょう(笑)。


車のキーはここにあります。
さあ、さっそくあなたのページにキーを入れて
JavaScriptの快適なドライブへ
いってらっしゃいませ(^^)/。



Contents
| CONTENTS
| PART1 これだけ知っていれば大丈夫
| PART2 サンプルの紹介
| PART3 JavaScript言語仕様
| PART4 JavaScriptクイック書式一覧
| PART5 JavaScriptサイト
| オンラインサポートページ(回線をつないでください)


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi