C02 ラジオボタンをクリックで入力用ダイアログを出し,入力内容をalertに出力

このボタンはクリックされると入力用のダイアログを出します。その後入力された内容をalert文で書き出します。

応用:prompt()の括弧の中の文章を他の言葉に取り替えて使えます。
入力内容を入れた変数msgを利用していろいろな処理ができます。たとえば、入力がなにもない時のためにif(msg==null||msg==""){alert('ちゃんと入力してね')}else{alert('入力ok')}とすれば入力のチェックができます。
参照: onClick, 変数, prompt(), alert(),

Sample

\(^^)これ入力する時押してねっ。



Source
ソース
(コピーしてお使いください) <HTML> <HEAD> <TITLE></TITLE> </HEAD> <BODY> <FORM>
<INPUT TYPE="radio"
onClick="msg=prompt('入力してください','なんでもいいよ(^^)');
alert(msg)">\(^^)これ入力する時押してねっ。
>
</FORM>
</BODY> </HTML>
onClick="命令文"でクリックしたら"命令文"を実行するという意味です

msg=は、自分で付けたmsgという名前の変数に = 以降の値を入れると言う意味。このあと、msgと書けば入れた値を指すことになります。

prompt('文章1','文章2')は'文章1'が入力ダイアログ内に表示される文字で、'文章2'は入力フィールドにあらかじめ表示される書き換え可能な文字です。'文章2'は省略できます。

したがって、msg=prompt()はprompt()の入力結果をmsgに入れてるわけです。

alert("文章")で"文章"の入ったダイアログを表示します。ここではmsgの値、つまり入力内容を表示します。


Contents
| CONTENTS
| PART1 これだけ知っていれば大丈夫
| PART2 サンプルの紹介
| PART3 JavaScript言語仕様
| PART4 JavaScriptクイック書式一覧
| PART5 JavaScriptサイト
| オンラインサポートページ(回線をつないでください)


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi