Reference

Date
日付や時間を操作するのに使います。


書式: 1. dateObject名 = new Date() 2. dateObject名 = new Date("month day, year hours:minutes:seconds") 3. dateObject名 = new Date(year, month, day) 4. dateObject名 = new Date(year, month, day, hours, minutes, seconds) こうしてdateObject名を使えるようにしておいてから dateObject名.property名 dateObject名.metod名(パラメーター) というふうに使います。 property名はNN3.0からprotetypeが追加されました。 metod名(パラメーター)は次の通りです。 dateObject名.eval("文字列") 文字列として渡された式などを実行する dateObject名.getDate() 1から31の整数で日付を返す dateObject名.getDay() 0から6の整数で日から土曜日を返す dateObject名.getHours() 0から23の整数で時間を返す dateObject名.getMinutes() 0から59の整数で分を返す dateObject名.getSeconds() 0から59の整数で秒を返す dateObject名.getMonth() 0から11の整数で月を返す dateObject名.getYear() 何年かを返します(西暦の下2桁:98など) dateObject名.getTime() 1997 00:00:00を基準として何秒かを返す dateObject名.getTimezoneOffset() グリニッジ標準時との差を分で返す Date.parse(例えば"Jan 2,1998") 文字列を1970 00:00:00を起点とした秒数に変換 dateObject名.setDate(1から31の整数かプロパティ) 日付のset dateObject名.setHours(0から23の整数かプロパティ) 時間のset dateObject名.setMinutes(0から59の整数かプロパティ) 分のset dateObject名.setSeconds(0から59の整数かプロパティ) 秒のset dateObject名.setMonth(0から11の整数かプロパティ) 月のset dateObject名.setYear(例えば98) 年のset dateObject名.setTime(整数または1970 00:00:00を起点とした秒数) dateObject名.toGMTString() dateObject名の中味をGMT時間に変換(ローカル時間が間違っていたらGMTも間違えます^^;;) dateObject名.toLocaleString() ローカルで指定しているdate表示形式で表示 dateObject名.toString([radix]) Dateオブジェクトを文字列に変換する Date.UTC(year,month,day[,hrs][,min][,sEc]) 1970 00:00:00からの1/1000秒単位の経過時間 dateObject名.valueOf() オブジェクトの型を返します
例: var takuday=new Date() function taku2() { var takuyo=takuday.getDay() if(takuyo==0){takuyobi='日'}; if(takuyo==1){takuyobi='月'}; if(takuyo==2){takuyobi='火'}; if(takuyo==3){takuyobi='水'}; if(takuyo==4){takuyobi='木'}; if(takuyo==5){takuyobi='金'}; if(takuyo==6){takuyobi='土'}; } taku2(); function taku() { document.write("<P>今日(このページを読み込んだとき)は["+takuday.getDay()+"曜日]です。---これは.getDay()ですが、これでは使い物になりません。") document.write("<BR><BR>そこで、") document.write("<P>今日(このページを読み込んだとき)は["+takuyobi+"曜日]です。---これは.getDay()で取り出した0〜6に日〜土の文字をif文を使って割り当てています。") }; taku();
Close


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi