Reference

function
関数。複数の命令をまとめて名前をつけたもので処理を整理できます。


書式: 1. function ( [ パラメーター1 ] [ , パラメーター2 ] [.... , パラメーターN ] ) { 命令 } 2. Function名=new Function( [ パラメーター1 ] [ , パラメーター2 ] [.... , パラメーターN ] ) { 命令 } 1の方法が一般的でスピードも早く、2の方法はプログラム実行中にも関数の内容変更ができます。
例: <SCRIPT> function test(){ alert('赤だよ') document.bgColor='red' } </SCRIPT> <FORM> <INPUT TYPE="button" VALUE=" 押す " onClick="test()"> </FORM> ボタンをクリックすると赤だよのメッセージが出て背景色が赤に変ります。
Close


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi