JavaScript Quick Syntax Reference
PART 4 クイック書式一覧




JavaScriptの書式(Syntax)をScript作成中にちょっ(^^)と確認したい時にすっと引 けるようにアルファベット順にまとめました。たとえば、ここでは、formを引いた時 にform名.propertyNameやform名.methodName(パラメーター)などという書き方 をするformオブジェクトだということがわかります。ただ、formオブジェクトが使 えるpropertyNameとmethodNameに何があってどんなイベントハンドラが使えるの か?まではここには書いてありませんので、PART3のJavaScriptのオブジェクトとそれに含まれ るプロパティ・メソッド・イベントハンドラ一覧を参照してください。これを見 ればformオブジェクトのなかでは、form名.actionという記述ができてonSubmitと いうハンドラも使えるといった関係がわかります。ただ、JavaScriptは今まさに生ま れつつある言語なので、必ずしも仕様通り完全に動くとは限りません。やはりなによりも、実際に使って見て動作を自分の手で確認して見ることが言語を覚える近道でもあり肝心です

Syntax
|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

abs_____絶対値 Math.abs(数値) acos_____アークコサイン Math.acos(数値) action_____ACTION属性 form名.action alert_____警告メッセージダイアログを開く alert("message") alinkColor_____カーソルで押している間のリンク色 document.alinkColor anchor_____アンカーへ跳ぶ text.anchor(anchor名) //anchor名はA NAME=""で指定したアンカーです Anchor_____アンカーオブジェクト <A [HREF=locationOrURL] NAME"anchor名" [TARGET="window名"]> anchorText </A> anchorsarray_____アンカー配列 1.document.anchors[index番号] //index番号は0から1,2,3.....n 2.document.anchors.length //ページ内のアンカーの数 appCodeName_____ブラウザのコードネーム navigator.appCodeName //Mozilla(IEもNN互換なのでMozillaです) Applet_____JavaアプレットNN3.0~ <APPLET CODE=classFile名 HEIGHT=height WIDTH=width MAYSCRIPT [NAME=applet名] [CODEBASE=classFileDirectory] [ALT=alternateText] [ALIGN="left"|"right"| "top"|"absmiddle"|"absbottom"| "texttop"|"middle"|"baseline"|"bottom"] [HSPACE=spaceInPixels] [VSPACE=spaceInPixels]> [<PARAM NAME=parameter名 VALUE=parameterValue>] [ ... <PARAM>] </APPLET> applets_____Javaアプレット配列NN3.0~ 1. document.applets[index] 2. document.applets.length appName_____ブラウザのアプリケーション名 navigator.appName //たとえばNetscape appVersion_____ブラウザのバージョン navigator.appVersion //たとえば 3.01 (Macintosh; I; 68K)や3.0 [ja] (Win95; I)など Area_____イメージマップエリアNN3.0~

<MAP NAME="map名"> <AREA [NAME="area名"] COORDS="x1,y1,x2,y2,..."|"x(中心),y(中心),半径" HREF="location" [SHAPE="rect"|"poly"|"circle"|"default"] [TARGET="window名"] [onMouseOut="命令"] [onMouseOver="命令"]> </MAP> "rect"は長方形で  COORDS="x1,y1,x2,y2" "poly"は多角形で  COORDS="x1,y1,x2,y2,x3,y3,..." "circle"は円で  COORDS="x,y(中心座標),r (半径)と指定する。 "default"は画像ファイル領域 すべて(他の領域指定後に指定 する。先に指定すると他の指定 が無効になるので注意) 1. area名.propertyName 2. document.links[index番号].propertyName
arguments_____関数の引数についての配列NN3.0~ 
1. functionName.arguments[index]
2. functionName.arguments.length

Array_____配列の作成NN3.0~ 
1. arrayObject名 = new Array()
2. arrayObject名 = new Array(配列の数)
3. arrayObject名.propertyName
4. arrayObject名.methodName(パラメーター)

asin_____アークサイン
Math.asin(数値)

atan_____アークタンジェント
Math.atan(数値)

atan2_____与えた座標のアークタンジェントNN3.0~ 
Math.atan2(x,y)


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

back_____1ページ戻る history.back() bgColor_____背景色 document.bgColor big_____文字を大きくする string名.big() blink_____文字を点滅させる string名.blink() blur_____フォーカスをはずす 1. password名.blur() 2. select名.blur() 3. text名.blur() 4. textarea名.blur() 5. windowReference.blur() NN3.0~ //ウインドウを背面へ隠す bold_____文字を太くする string名.bold() Boolean_____BooleanオブジェクトNN3.0~ booleanObjectName = new Boolean(value) booleanObjectName.propertyName border_____画像の枠(ボーダー)の幅(ピクセル)を調べる NN3.0~ image名.border break_____for、whileループから強制的に抜ける break button_____押しボタン

<INPUT TYPE="button" NAME="button名" VALUE="buttonText" [onClick="命令"]>
1. button名.propertyName
2. button名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. NN3.0~ button名.type


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

caller_____実行中のファンクションを呼び出したファンクション名を返す functionName.caller ceil_____切り上げします Math.ceil(数値) captureEvents_____NN3.0~ object名.captureEvents(eventType) charAt_____文字列から指定した位置の文字を抜き出す string名.charAt(index) //indexは0番目から始めて1,2,3.....nと指定 Checkbox_____チェックボックス

<INPUT TYPE="checkbox" NAME="checkbox名" VALUE="checkboxValue" [CHECKED] [onClick="命令"]> textToDisplay
1. checkbox名.propertyName
2. checkbox名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. checkbox名.type NN3.0~ 

checked_____チェックボックスやラジオボタンの状態
選択されていればtrue、いなければfalse
1. checkbox名.checked
2. radio名[index番号].checked

clear_____document(表示内容)の消去
document.clear()

clearInterval_____setInterval()のタイマーをキャンセルNN4.0~ 
clearInterval(intervalID) 
//intervalIDはintervalID=setInterval()でセットしたものを記入

clearTimeout_____setTimeout()のタイマーをキャンセル
clearTimeout(timeoutID) 
//timeoutIDはtimeoutID=setTimeout()でセットしたものを記入

click_____自動クリックする
1. button名.click()
2. radio名[index番号].click()
3. checkbox名.click()

clip_____レイヤー内のクリップの位置NN4.0~ 
1.document.layers[index番号または"layer名"].clip.left //x1_offset
2.document.layers[index番号または"layer名"].clip.top // y1_offset
3.document.layers[index番号または"layer名"].clip.right //x2_offset
4.document.layers[index番号または"layer名"].clip.bottom //y2_offset
5.document.layers[index番号または"layer名"].clip.width //クリップの幅
6.document.layers[index番号または"layer名"].clip.height //クリップの高さ

close_____documentを閉じる
//サブウインドウでこれを忘れるとwriteした文字が欠けることがあります
document.close() 

close_____windowを閉じる
//NN2.0では自由に閉じられましたが、3.0以降はopen()で開かれたwindow以外をcloseしようとすると確認のダイアログが出ます。
windowReference.close()

closed_____windowが閉じているかどうかを返すNN3.0~ 
[windowReference.]closed
        newWin=window.open('','','')
        if (win1.closed){命令1}else{命令2}

//*_____スクリプト内にコメントを記述するときに使います
1. //コメント文
2. /*複数行にわたるコメント文*/

complete_____画像読込み状況NN3.0~ 
//完了ならtrue、失敗ならfalseを返す
image名.complete

confirm_____YES/NO(またはOK/キャンセル)確認ダイアログ
//YESならtrue、NOならfalseを返す
confirm("確認のための文章")

constructor_____コンストラクタNN3.0~ 
objectType.constructor

continue_____for、whileループから強制的に次のループへ飛ぶ
continue

cookie_____cookieへのアクセス
唯一ローカルディスクアクセスする方法です。
document.cookie

cos_____コサイン
Math.cos(数値)

current_____カレントヒストリーNN3.0~ 
history.current


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

Date_____日付関係のオブジェクト 1. dateObject名 = new Date() 2. dateObject名 = new Date("month day, year hours:minutes:seconds") 3. dateObject名 = new Date(year, month, day) 4. dateObject名 = new Date(year, month, day, hours, minutes, seconds) 5. NN3.0~ Date.prototype.propertyName defaultChecked_____チェックボックスやラジオボタンのデフォルト選択状態 選択ならtrue、違えばfalse 1. checkbox名.defaultChecked 2. radio名[index番号].defaultChecked defaultSelected_____選択リストのデフォルト選択状態 選択ならtrue、違えばfalse 1.select名.options[index番号].defaultSelected 2.option名.defaultSelected NN3.0~ defaultStatus_____ステータスバーへのデフォルト表示 //onMouseOverで使うときは最後にreturn trueを必ず付けること windowReference.defaultStatus defaultValue_____password,text,textareaのデフォルト値 1. password名.defaultValue 2. text名.defaultValue 3. textarea名.defaultValue description_____MIMEのタイプ名の取得 NN3.0~ 1. navigator.mimeTypes[index番号].description 2. navigator.mimeTypes[mimeType名].description 3. navigator.plugins[index番号].description 4. navigator.plugins[plugin名].description document_____documentオブジェクト

<BODY BACKGROUND="backgroundImage" BGCOLOR="backgroundColor" TEXT="foregroundColor" LINK="unfollowedLinkColor" ALINK="activatedLinkColor" VLINK="followedLinkColor" [onLoad="命令"] [onUnload="命令"] <FONT COLOR="red">NN3.0~ </FONT>[onBlur="命令"] <FONT COLOR="red">NN3.0~ </FONT>[onFocus="命令"]> </BODY>
1. document.propertyName
2. document.methodName(パラメーター)

domain_____ドメインネームを指定するNN3.0~ 
document.domain


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

E_____オイラー定数 Math.E elements_____フォームの構成要素(各ボタンとか..) 1. form名.elements[index番号] //ページに出てくる順に0,1,2,3,..... 2. form名.elements.length //構成要素の数 3. form名.elements[index番号].value //各々の値 EMBED_____EMBEDタグについて NN3.0~

<EMBED SRC=source NAME=embedName HEIGHT=height WIDTH=width> [parameterName=parameterValue] [ ... parameterName=parameterValue] </EMBED>
1. document.embeds[index]
2. document.embeds.length

enabledPlugin_____プラグインが使えるかNN3.0~ 
mimetype.enabledPlugin 
navigator.mimeTypes[index].enabledPlugin

encoding_____フォームのエンコーディング指定
form名.encoding

escape_____ISO Latin-1をASCII(%xx)形式に変換
escape("文字列")

eval_____文字列を評価して数値にする
eval("文字列")

event_____イベント時のカーソル座標などのハンドラ情報を取得するNN4.0~ 
event.propertyName
例
event.type         //イベントタイプ
event.x              //x座標(レイヤー位置)
event.layerX      //x座標(レイヤー位置 xと同じ)
event.y              //y座標(レイヤー位置)
event.layerY      //y座標(レイヤー位置 yと同じ)
event.pageX       //x座標(ページ内カーソル位置)
event.pageY       //y座標(ページ内カーソル位置)
event.screenX    //x座標(スクリーン内カーソル位置)
event.screenY    //y座標(スクリーン内カーソル位置)
event.which       //押されたキーのASCII値かマウス左ボタンは1,右ボタンは3を返す。
event.modifiers //ALTを押しながらマウスボタンを押すと1を返します。同様にCONTROLなら2, ALT+CONTROLなら3,SHIFTなら4, ALT+SHIFTなら5,CONTROL+SHIFTなら6,ALT+CONTROL+SHIFTなら7を返します。
event.data

exp_____べき乗
Math.exp(数値)


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

fgColor_____フォアグランドカラー(文字色)を指定します document.fgColor filename_____プラグインのファイル名を返すNN3.0~ 1. navigator.plugins[index番号].filename 2. navigator.plugins[plugin名].filename fileUpload_____ファイルアップロードNN3.0~

<INPUT TYPE="file" NAME="fileUpload名">
1. fileUpload名.propertyName

find_____ページ内の文字検索NN4.0~ 
windowReference.find(["検索文字列"][,true|false][,true|false])
//最初の論理パラメーターをtrueにすると、case-sensitive 検索
//2つ目の論理パラメーターをtrueにすると、backward 検索

fixed_____タグと同じ 
string名.fixed()

floor_____切下げします
Math.floor(数値)

focus_____指定したオブジェクトにフォーカスを合わせる
1. password名.focus()
2. select名.focus()
3. text名.focus()
4. textarea名.focus()
5. windowReference.focus() NN3.0~ 

fontcolor_____文字の色を指定する
string名.fontcolor(color)

fontsize_____文字のサイズを指定する
string名.fontsize(size)

for_____条件式がfalseになるまで初期値を増加させながら命令を繰り返す
for ( [ 初期化式 ; ] [ 条件式 ; ] [ 増加式 ] ) { 命令 }

for...in_____オブジェクト内のプロパティを変数として命令を繰り返す
for ( パラメーター in object ) { 命令 }

form_____フォームオブジェクト
<FORM NAME="form名" TARGET="window名" ACTION="serverURL" METHOD=GET | POST ENCTYPE="encodingType" [onSubmit="命令"] <FONT COLOR="red">NN3.0~ </FONT>[onReset="命令"]> </FORM>
1. form名.propertyName
2. form名.methodName(パラメーター)
3. forms[index番号].propertyName
4. forms[index番号].methodName(パラメーター)

forms_____フォームの配列
1. document.forms[index番号]
2. document.forms.length

forward_____歴を1ページ進めます
history.forward()

Frame_____フレームオブジェクト
<FRAMESET ROWS="rowHeightList" COLS="columnWidthList" [onLoad="命令"] [onUnload="命令"] <FONT COLOR="red">NN3.0~ </FONT>[onBlur="命令"] <FONT COLOR="red">NN3.0~ </FONT>[onFocus="命令"]> [<FRAME SRC="locationOrURL" NAME="frame名">] </FRAMESET>
1. [windowReference.]frame名.propertyName
2. [windowReference.]frames[index番号].propertyName
3. window.propertyName
4. self.propertyName
5. parent.propertyName

frames_____フレーム配列
1. [frameReference.]frames[index番号]
2. [frameReference.]frames.length
3. [windowReference.]frames[index番号]
4. [windowReference.]frames.length

Function_____関数を作ります
function function名( [ パラメーター1 ] [ , パラメーター2 ] [.... , パラメーターN ] ) { 命令 }


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

getDate_____日付(1から31の整数) dateObject名.getDate() getDay_____曜日(0が日曜,1が月曜....整数) dateObject名.getDay() getHours_____時間(0から23の整数) dateObject名.getHours() getMinutes_____秒(0から59の整数) dateObject名.getMinutes() getMonth_____月(0から11の整数) dateObject名.getMonth() getSeconds_____分(0から59の整数) dateObject名.getSeconds() getSelection_____NN4.0~ document.getSelection() getTime_____1970.1.1 00:00:00から経過したミリ秒(1/1000秒) dateObject名.getTime() getTimezoneOffset_____ローカル時間とグリニッジ標準時との差を分で返す dateObject名.getTimezoneOffset() getYear_____年を調べる(1990年からの西暦下2桁 整数) dateObject名.getYear() go_____ページを進めたり戻したりする history.go(数値 | "location") |A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

handleEvent_____NN4.0~ object名.handleEvent(event) hash_____アンカー 1. links[index番号].hash 2. location.hash 3. area名.hash NN3.0~ height_____画像の高さを返します(単位ピクセル)NN3.0~ image名.height hidden_____フォームの陰でデータをやりとりする

<INPUT TYPE="hidden" NAME="hidden名" [VALUE="textValue"]>
1. hidden名.propertyName
2. form名.elements[index番号].propertyName
3. hidden名.type NN3.0~ 

history_____ヒストリー
1. history.propertyName
2. history.methodName(パラメーター)

home_____設定したホームページを読み込みます。ホームボタンと同じNN4.0~  
windowReference.home()

host_____URLのhostname:portの取得と設定
1. links[index番号].host
2. location.host
3. area名.host NN3.0~ 

hostname_____URLのhostnameの取得と設定
1. links[index番号].hostname
2. location.hostname
3. area名.hostname NN3.0~ 

href_____URLの取得、設定 
1. links[index番号].href
2. location.href
3. area名.href NN3.0~ 

hspace_____画像左右のマージンを返すNN3.0~ 
image名.hspace


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

if_____もし条件がtrueなら 命令1を違えば命令2を実行する if(条件文) { 命令1 } [ else { 命令2 } ] images_____イメージオブジェクト NN3.0~

<IMG [NAME="image名"] SRC="Location" [LOWSRC="Location"] [HEIGHT="Pixels"|"Value"%] [WIDTH="Pixels"|"Value"%] [HSPACE="Pixels"] [VSPACE="Pixels"] [BORDER="Pixels"] [ALIGN="left"|"right"| "top"|"absmiddle"|"absbottom"| "texttop"|"middle"|"baseline"|"bottom"] [ISMAP] [USEMAP="Location#Map名"] [onAbort="命令"] [onError="命令"] [onLoad="命令"]>
image名 = new Image([width, height])
1. image名.propertyName
2. image名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
image名.onabort = handlerFunction
image名.onerror = handlerFunction
image名.onload = handlerFunction
例 Image1 = new Image() Image1.src = "画像.gif" ... document.images[0].src = Image1.src
Images_____イメージ配列NN3.0~ 1. document.images[index番号] 2. document.images.length index_____selectリスト内のオプションの位置番号(0から) 1.select名.options[indexValue].index 2.option名.index NN3.0~ indexOf_____文字を検索します(位置を返す。なければ-1) string名.indexOf(searchValue, [fromIndex]) innerHeight_____ウインドウの内高NN4.0~ [windowReference.]innerHeight innerWidth_____ウインドウの内幅NN4.0~ [windowReference.]innerWidth isNaN_____数字じゃない(Not a Number)か調べるtrue/false isNaN(testValue) italics_____文字をイタリックにする string名.italics() |A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

javaEnabled_____Javaが使えるかどうか調べるNN3.0~ navigator.javaEnabled() join_____個々の配列間に区切り文字を入れるNN3.0~ array名.join(separator) K

|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

language_____設定されている言語を返しますNN4.0~ navigator.language lastIndexOf_____字を末尾から検索します string名.lastIndexOf(searchValue, [fromIndex]) lastModified_____最終更新日を返す document.lastModified length_____個数(長さ)を返します 1. form名.length 2. frameReference.length 3. history.length 4. radio名.length 5. select名.length 6. string名.length 7. windowReference.length 8. anchors.length 9. elements.length 10. forms.length 11. frameReference.frames.length 12. windowReference.frames.length 13. links.length 14. select名.options.length 15. array名.length NN3.0~ 16. images.length NN3.0~ 17. navigator.plugins[index番号].length NN3.0~ 18. navigator.plugins[plugin名].length NN3.0~ 19. document.layers.length NN4.0~ Layer_____レイヤーオブジェクトNN4.0~

<LAYER [NAME="layer名"] [LEFT=x] //ウインドウ画面左からの位置 ピクセル数 [TOP=y] //ウインドウ画面上からの位置 ピクセル数 [Z-INDEX=z] //重なりの順番(整数) 数が多いほど手前に表示 [WIDTH=幅] //指定した幅で文字が折り返します ピクセル数 [CLIP="x1_offset, y1_offset, x2_offset, y2_offset" | "x2_offset, y2_offset"] //x1,y1,x2,y2、または0,0,x2,y2で、囲まれた長方形区間を表示 [ABOVE="layerName"] //レイヤー"layerName"より下に表示する [BELOW="layerName"] //レイヤー"layerName"より上に表示する [VISIBILITY= SHOW | HIDE | INHERIT] //レイヤーを表示するかどうかの指定 //SHOWは表示,HIDEは隠す,INHERITは親レイヤーに従う [BGCOLOR="rgbColor"] //レイヤーの背景色 [BACKGROUND="imageURL"] //レイヤーの背景画像 >

1.layerName.propertyName 
2.layerName.methodName(パラメーター) 

layers_____レイヤー配列NN4.0~ 
1.document.layers[index]
2.document.layers["layer名"]
3.document.layers.length

layerX_____event発生時のレイヤーx座標数値または、resize時の幅。xと同じ。NN4.0~ 
event.layerX

layerY_____event発生時のレイヤーy座標数値または、resize時の高さ。yと同じ。NN4.0~ 
event.layerY

left_____ウインドウ画面左からのレイヤーの位置 ピクセル数
1.document.layers[index番号または"layer名"].left NN4.0~ 

link_____リンクオブジェクト
<A HREF=locationOrURL [NAME="anchor名"] [TARGET="window名"] [onClick="命令"] [onMouseOver="命令"]> linkText </A>
linkText.link(hrefAttribute)
NN3.0~ 
<A HREF="javascript:function名()">Text</A>

link_____リンク先を指定します
linkText.link(hrefAttribute)

links_____リンク配列
1. document.links[index番号]
2. document.links.length
3.document.links[index番号].propertyName

linkColor_____クリックを押す前のリンク文字の色 
document.linkColor

LN10_____10の自然対数
Math.LN10

LN2_____2の自然対数
Math.LN2

load_____NN4.0~ 
load(sourcestring,width)

location_____URLの取得と設定(指定のページへ跳びます)
1. [windowReference.]location[.propertyName]
2. [windowReference.]location.methodName(パラメーター) NN3.0~ 

location_____URLについての情報の読みだし
document.location

locationbar_____ロケーションバーNN4.0~ 
[windowReference.]locationbar.visible= [true, false] | [1, 0]

log_____自然対数
Math.log(数値)

LOG10E_____log10e
Math.LOG10E

LOG2E_____log2e
Math.LOG2E

lowsrc_____低解像度画像アドレスの取得と書き
込み 
image名.lowsrc NN3.0~ 


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

Math_____Mathオブジェクト 1. Math.propertyName 2. Math.methodName(パラメーター) max_____最大値 (数値1と数値2のうち大きいほうを返します) Math.max(数値1, 数値2) MAX_VALUE_____JavaScriptで扱える最大値1.79E+308を返します.これより大きい値はinfinity(無限大)となりますNN3.0~ Number.MAX_VALUE menubar_____メニューバーNN4.0~ [windowReference.]menubar.visible = [true, false] | [1, 0] method_____フォームの送信方法(postかgetか)の指定 form名.method mimeTypes_____使えるMIMEタイプを調べますNN3.0~ navigator.mimeTypes[index番号].propertyName min_____最小値 (数値1と数値2のうち小さいほうを返します) Math.min(数値1, 数値2) MIN_VALUE_____JavaScriptで扱える最小値2.22E-308を返します.これより小さい値は0となりますNN3.0~ Number.MIN_VALUE modifiers_____ALTを押しながらマウスボタンを押すと1を返します。同様にCONTROLなら2, ALT+CONTROLなら3,SHIFTなら4, ALT+SHIFTなら5,CONTROL+SHIFTなら6,ALT+CONTROL+SHIFTなら7を返します。NN4.0~ event.modifiers moveAbove_____レイヤーを前に出すNN4.0~ moveAbove(layer) moveBelow_____レイヤーを後ろに入れるNN4.0~ moveBelow(layer) moveBy_____ブラウザ自身を起点として動かしますNN4.0~ windowReference.moveBy(水平方向ピクセル数, 垂直方向ピクセル数) moveTo_____ブラウザやレイヤーをxy座標で動かしますNN4.0~ 1.windowReference.moveTo(x座標, y座標) //ディスプレイ左上が0,0 2.Layer名.moveTo(x座標, y座標) //ブラウザの画面左上が0,0 3.document.layers[index番号または"layer名"].offset(x, y) |A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

name_____オブジェクトの名前 1. object名.name 2. frameReference.name 3. frameReference.frames.name 4. radio名[index番号].name 5. select名.options.name 6. windowReference.name 7. windowReference.frames.name 8. fileUpload名.name NN3.0~ 9. image名.name NN3.0~ 10.navigator.plugins[index番号].name NN3.0~ 11.navigator.plugins[plugin名].name NN3.0~ 12.document.layers[index番号または"layer名"].name NN4.0~ navigator_____使用しているブラウザの情報を取得します navigator.propertyName NEGATIVE_INFINITY_____負の無限大NN3.0~ Number.NEGATIVE_INFINITY new_____オブジェクトのインスタンスを作る(実際に使える状態する)演算子です。 object名 = new objectType ( パラメーター1 [ , パラメーター2 ] ...[ , パラメーターN ] ) next_____ NN3.0~ history.next Number_____ NN3.0~ numberObjectName = new Number() numberObjectName.propertyName Number()_____文字列を数値にします NN4.0~ 例 var x = "3";Number(x) = 3 (x - 0)と同じです |A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

offset_____現在の位置から右にx、下にyピクセル位置をずらすNN4.0~ 1.document.layers[index番号または"layer名"].offset(x, y) onAbort_____画像読み込み中止時(stopを押した時など)命令を実行しますNN3.0~ <IMG NAME=" " SRC="画像.gif" onAbort="命令"> onBlur_____フォームやフレームがフォーカスを失うと命令を実行します 1. <SELECT NAME="" onBlur="命令"> 2. <INPUT TYPE="text" onBlur="命令"> 3. <INPUT TYPE="textarea" onBlur="命令"> 4. <BODY onBlur="命令"> NN3.0~ onChange_____フォームの入力内容が変更されたら命令を実行します 1. <SELECT NAME="" onChange="命令"> 2. <INPUT TYPE="text" onChange="命令"> 3. <INPUT TYPE="textarea" onChange="命令"> onClick_____クリックされたら命令を実行します 1. <INPUT TYPE="button" onClick="命令"> 2. <INPUT TYPE="checkbox" onClick="命令"> 3. <INPUT TYPE="radio" onClick="命令"> 4. <INPUT TYPE="reset" onClick="命令"> 5. <INPUT TYPE="submit" onClick="命令"> 6. <A HREF=locationOrURL onClick="命令"> onDragDrop_____ブラウザへファイル等のドラック&ドロップすると命令を実行します。可(true)/不可(false)NN4.0~ onDragDrop="命令" onError_____画像やページのロードエラー時に命令を実行します NN3.0~ 1. <IMG NAME=" " SRC="画像.gif" onError="null"> 2. window.onerror=null //エラーダイアログを出さないようにします 3. window.onerror=function名 onFocus_____フォームやフレームにフォーカスすると命令を実行します 1. <SELECT NAME="" onChange="命令"> 2. <INPUT TYPE="text" onChange="命令"> 3. <INPUT TYPE="textarea" onChange="命令"> 4. <BODY onFocus="命令"> NN3.0~ onKeyDown_____キーを押したら命令を実行しますNN4.0~ onKeyDown eventがfalseなら後ろにあるonKeyPressは実行しません。 onKeyDown="命令" onKeyPress_____キーを押している間命令を繰り返し実行しますNN4.0~ 前にあるonKeyDownがfalseなら実行しません。 onKeyPress="命令" onKeyUp_____キーを離したら実行しますNN4.0~ onKeyUp="命令" onLoad_____ページや画像を読み込み終了したら命令を実行します 1. <BODY onLoad="命令"> 2. image名.onload=命令 NN3.0~ 3. <IMG NAME=" " SRC="画像.gif" onLoad="命令"> NN3.0~ onMouseDown_____マウスボタンを押したら実行しますNN4.0~ onMouseDown="命令" event.which //マウス左ボタンは1,右ボタンは3 onMouseMove_____カーソルを動かしたら実行しますNN4.0~ onMouseMove="命令" Event Capturing時のみ onMouseOut_____リンクやイメージマップエリアからマウスカーソルが出た時に命令を実行しますNN3.0~ 1. <A HREF=locationOrURL onMouseOut="命令"> 2. <AREA COORDS=" " HREF="location" onMouseOut="命令" //onMouseOutの中でstatusかdefaultStatusを使う時はreturn trueが必要です 例 onMouseOut="status='文章';return true" onMouseOver_____リンクやイメージマップエリアにマウスカーソルが入った時に命令を実行します 1. <A HREF=locationOrURL onMouseOver="命令"> 2. <AREA COORDS=" " HREF="location" onMouseOver="命令"> NN3.0~ //onMouseOverの中でstatusかdefaultStatusを使う時はreturn trueが必要です 例 onMouseOver="status='文章';return true" onMouseUp_____マウスボタンを離したら実行しますNN4.0~ onMouseUp="命令" onMove_____ウインドウかフレームを動かしたら実行しますNN4.0~ onMove="命令" onReset_____フォームをリセットした時に命令を実行しますNN3.0~ <FORM onReset="命令"> onResize_____ウインドウかフレームをリサイズしたら実行しますNN4.0~ onResize="命令" onSelect_____textかtextareaが選択された時に命令を実行します <INPUT TYPE="text" onSelect="命令"> <INPUT TYPE="textarea" onSelect="命令"> onSubmit_____フォーム送信時に命令を実行する <FORM onSubmit="命令"> onUnload_____ページを抜ける時に命令を実行します <BODY onUnload="命令"> opener_____新しいウインドウを開いた元のウインドウを指定しますNN3.0~ window.opener open_____documentをオープンします document.open(["mimeType"]) "mimeType"は通常は"text/html"ですが省略してもかまいません open_____windowをオープンします [windowVar = ][window].open("URL", "window名", ["windowFeatures"]) windowFeaturesには次の指定が可能です toolbar [=yes|no]|[=1|0] //ツールバー有無 loction [=yes|no]|[=1|0] //ロケーションフィールド有無 directories [=yes|no]|[=1|0] //ディレクトリボタン有無 status [=yes|no]|[=1|0] //ステータスバー有無 menubar [=yes|no]|[=1|0] //メニューバー有無 scrollbars [=yes|no]|[=1|0] //スクロールバー有無 resizable =yes|no]|[=1|0] //リサイズ可不可 titlebar [=yes|no]|[=1|0] NN4.0~ //タイトルバー有無 width=pixels //ウインドウサイズ幅 height=pixels //ウインドウサイズ高さ //innerWidthからouterHeightまでは100*100ピクセル以下でも可能 innerWidth=pixels NN4.0~ //ウインドウの内幅 innerHeight=pixels NN4.0~ //ウインドウの内高 outerWidth=pixels NN4.0~ //ウインドウの外幅 outerHeight=pixels NN4.0~ //ウインドウの外高 alwaysLowered [=yes|no]|[=1|0] NN4.0~ alwaysRaised [=yes|no]|[=1|0] NN4.0~ //キャンバスモード(常に手前に表示する) dependent [=yes|no]|[=1|0] NN4.0~ hotkeys [=yes|no]|[=1|0] NN4.0~ left=pixels NN4.0~ //ディスプレイleftからのピクセル数 top=pixels NN4.0~ //ディスプレイtopからのピクセル数 screenX=pixels NN4.0~ //スクリーン上のx座標 screenY=pixels NN4.0~ //スクリーン上のy座標 z-lock [=yes|no]|[=1|0] NN4.0~ //z方向(重なり)の順序を固定する options_____セレクトオプション配列 select名.options[index番号].propertyName Option_____オプションコンストラクタNN3.0~ // 新しいオプションオブジェクトを使える状態にします option名 = new Option([optionText, optionValue, defaultSelected, selected]) NN3.0~ select名.options[index番号]=option名 //オプション内容を書き換えます outerHeight_____ウインドウの外高NN4.0~ [windowReference.]outerHeight outerWidth_____ウインドウの外幅NN4.0~ [windowReference.]outerWidth |A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

pageX_____カーソルx座標数値。ページ内の位置(ピクセル)。NN4.0~ event.pageX pageY_____カーソルy座標数値。ページ内の位置(ピクセル)。NN4.0~ event.pageY parent_____親ウインドウ親フレームを参照する 1. parent.propertyName 2. parent.methodName 3. parent.frame名 4. parent.frames[index番号] parentLayer_____親レイヤーNN4.0~ 1.document.layers[index番号または"layer名"].parentLayer.propertyName //なければnullを返す parse_____文字列を1970.1.1 00:00:00から経過したミリ秒(1/1000秒)に変換 Date.parse("date文字列") parseFloat_____文字を浮動小数点に変換する parseFloat("文字列") parseInt_____文字を整数に変換する parseInt("文字列" [,radix]) //radixは16進数なら16,10進数なら10など //指定無しか0なら "0x"で始まると16,"0"で始まると8,その他は10と解釈 personalbar_____ディレクトリボタンNN4.0~ [windowReference.]personalbar.visible= [true, false] | [1, 0] password_____パスワードオブジェクト

<INPUT TYPE="password" NAME="password名" [VALUE="textValue"] SIZE=integer>
1. password名.propertyName
2. password名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. password名.type NN3.0~ 

pathname_____URLのパス部分
1. links[index番号].pathname
2. location.pathname
3. area名.pathnameNN3.0~ 

PI_____円周率 3.14159....
Math.PI

platform_____プラットフォーム名(Win32, Win16, Mac68k, MacPPC Unix)を返しますNN4.0~ 
navigator.platform

plugins_____インストールしているプラグインを返す
navigator.plugins[index番号].propertyName NN3.0~ 

port_____通信ポート
1. links[index番号].port
2. location.port
3. area名.port NN3.0~ 

POSITIVE_INFINITY_____正の無限大NN3.0~ 
Number.POSITIVE_INFINITY

pow_____べき乗
Math.pow(base, exponent)
//baseのexponent乗です

previous_____ヒストリー内の前のURLNN3.0~ 
history.previous

print_____印刷。printボタンと同じNN4.0~ 
1. windowReference.print()
2. frameReference.print()

prompt_____入力用ダイアログを出す
prompt("メッセージ", ["デフォルトで表示される入力文字列"])

protocol_____プロトコル(URLの先頭部分"http:"など)を指定する
1. links[index番号].protocol
2. location.protocol
3. area名.protocol NN3.0~ 

prototype_____オブジェクトにプロパティを追加する
objectType.prototype.propertyName=値NN3.0~ 


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

Radio_____ラジオボタンオブジェクト

<INPUT TYPE="radio" NAME="radio名" VALUE="buttonValue" [CHECKED] [onClick="命令"]> textToDisplay
1. radio名[index番号].propertyName
2. radio名[index番号].methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. radio名.type NN3.0~ 

random_____0から1までのランダム(乱数)を作るNN3.0~ 
Math.random() 

referrer_____リンク元ページのURLを返します
document.referrer

refresh_____プラグインをリフレッシュします
navigator.plugins.refresh([true|false])

releaseEvents_____NN4.0~ 
objectReference.releaseEvents(eventType)

reload_____リロードNN3.0~ 
location.reload([true]) //trueで強制リロード

replace_____指定したURLをヒストリーに置き換え登録しますNN3.0~ 
window.location.replace("URL")

reset_____リセットボタンオブジェクト
<INPUT TYPE="reset" NAME="reset名" VALUE="buttonText" [onClick="命令"]>
1. reset名.propertyName
2. reset名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. form名.reset() NN3.0~ 
6. reset名.type NN3.0~ 

return_____値や式を返します
return 値または式

reverse_____配列の順序を反転させますNN3.0~ 
array名.reverse()

resize_____レイヤーのサイズ変更NN4.0~ 
1.Layer名.resize(幅ピクセル, 高さピクセル)
2.document.layers[index番号または"layer名"].resize(幅ピクセル, 高さピクセル)

resizeBy_____ウインドウサイズを変えるNN4.0~ 
windowReference.resizeBy(水平方向ピクセル, 垂直方向ピクセル)

resizeTo_____ウインドウサイズ(内寸)を変えるNN4.0~ 
windowReference.resizeTo(幅ピクセル, 高さピクセル)

round_____四捨五入
Math.round(数値)

routeEvent_____NN4.0~ 
objectReference.routeEvent(event)


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

screen_____スクリーンについての情報を返します。NN4.0~ screen.property名 例 screen.width //ディスプレイ画面の幅(ピクセル) screen.height //ディスプレイ画面の高さ(ピクセル) screen.pixelDepth //ディスプレイ画面の表示ピクセル screen.colorDepth //ディスプレイ画面の表示可能色数 screenX_____カーソルx座標数値。スクリーン内の位置(ピクセル)。NN4.0~ event.screenX screenY_____カーソルy座標数値。スクリーン内の位置(ピクセル)。NN4.0~ event.screenY scroll_____ドキュメント全体を指定の座標にスクロールするNN3.0~ windowReference.scroll(x座標,y座標) scrollbar_____スクロールバーNN4.0~ [windowReference.]scrollbar.visible= [true, false] | [1, 0] scrollBy_____NN4.0~ windowReference.scrollBy(水平方向ピクセル数, 垂直方向ピクセル数) scrollTo_____NN4.0~ windowReference.scrollTo(x座標, y座標) search_____URLのなかのサーチ情報(?ではじまる)文字列 1. links[index番号].search 2. location.search 3. area名.search NN3.0~ select_____セレクトオブジェクト

<SELECT NAME="select名" [SIZE="integer"] [MULTIPLE] [onBlur="命令"] [onChange="命令"] [onFocus="命令"]> <OPTION VALUE="optionValue" [SELECTED]> textToDisplay [ ... <OPTION> textToDisplay] </SELECT>
1. select名.propertyName
2. select名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. select名.options[index番号].propertyName
6. form名.elements[index番号].options[index番号].propertyName
1. select名.options
2. select名.options[index番号]
3. select名.options.length
4. select名.length
5. select名.options.length

セレクトオプションコンストラクタNN3.0~ 
//新しいセレクトオプションを作り使える状態にする
option名 = new Option([optionText, optionValue, defaultSelected, selected])
select名.options[index番号]=option名

select_____入力フォームを選択(ハイライト)状態にする
1. password名.select()
2. text名.select()
3. textarea名.select()

selected_____セレクトオプションの選択を操作する
1. select名.options[index番号].selected
2. option名.selected NN3.0~ 
//選択されるとtrueを返します

selectedIndex_____セレクトオプションの中で選ばれた番号(0からはじまる)を返す。
1. select名.selectedIndex
2. select名.options.selectedIndex

self_____カレント(現在の)ウインドウやフレームを返します
1. self.propertyName
2. self.methodName

setDate_____日を設定する(1から31の整数)
dateObject名.setDate(dayValue)

setHours_____時を設定する(0から23の整数)
dateObject名.setHours(hoursValue)

setMinutes_____分を設定する(0から59の整数)
dateObject名.setMinutes(minutesValue)

setMonth_____月を設定する(0から11の整数)
dateObject名.setMonth(monthValue)

setSeconds_____秒を設定する(0から59の整数)
dateObject名.setSeconds(secondsValue)

setTime_____1970.1.1 00:00:00から経過したミリ秒(1/1000秒)を設定する
dateObject名.setTime(timevalue)

setTimeout_____ミリ秒後に命令を実行する。
clearTimeout(timeoutID)でキャンセル。
timeoutID=setTimeout("命令", ミリ秒[,arg1,...,argn])

setInterval_____ミリ秒後毎に繰り返し命令を実行する。 NN4.0~ 
//clearInterval(intervalID)でキャンセル。
intervalID=setInterval("命令", ミリ秒[,arg1,...,argn])

setYear_____年を設定する(1990年からの西暦下2桁 整数)
dateObject名.setYear(yearValue)

sin_____サイン
Math.sin(数値)

siblingAbove_____一つ上のレイヤーを参照するNN4.0~ 
1.document.layers[index番号または"layer名"].siblingAbove.propertyName
//なければnullを返す
 
siblingBelow_____一つ下のレイヤーを参照するNN4.0~ 
1.document.layers[index番号または"layer名"].siblingBelow.propertyName
//なければnullを返す

small_____文字サイズを1ランク小さくする
string名.small()

sort_____配列をソートするNN3.0~ 
array名.sort(compareFunction)
//compareFunctionはソートの順序を指定する比較関数
//比較関数のreturn値によってソートされます。指定無しなら辞書順
    例 : function compare(a,b){return a-b}

split_____文字列を指定のセパレーターで切り離して配列にしますNN3.0~ 
string名.split([separator])

sqrt_____平方根
Math.sqrt(数値)

SQRT1_2_____1/2の平方根(約0.7071)
Math.SQRT1_2

SQRT2_____2の平方根(約1.4142)
Math.SQRT2

src_____画像のURLを指定します。これを使って、現在表示されている画像
に別の画像を読み込むことができます。
image名.src

status_____ステータス行に文字を表示します。
windowReference.status

statusbar_____ステータスバーNN4.0~ 
[windowReference.]statusbar.visible= [true, false] | [1, 0]

stop_____読み込みを中止します。ストップボタンと同じNN4.0~ 
windowReference.stop()

strike_____文字の上に取消線をひく
string名.strike()

string_____文字列を操作するオブジェクト
1. string名.propertyName
2. string名.methodName(パラメーター)
stringObject名 = new String("文字列") NN3.0~ 

String()_____数値を文字列にしますNN4.0~ 
例 var x = 3;String(x) = "3"   ("" + xと同じです)

sub_____文字を下付にする(SUBタグと同じ)
string名.sub()

submit_____フォーム内容をサーバーへ送信する
form名.submit()

submit_____サブミットオブジェクト
<INPUT TYPE="submit" NAME="submit名" VALUE="buttonText" [onClick="命令"]>
1. submit名.propertyName
2. submit名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)

substring_____参照位置間の文字を返します
'参照文字'.substring(参照開始位置,参照終了位置)
string名..substring(参照開始位置,参照終了位置)

suffixes_____プラグインやヘルパーアプリで使用できるファイルの拡張子を調べるNN3.0~ 
1.navigator.mimeTypes[index番号].suffixes
2.navigator.mimeTypes["mimeType"].suffixes
//指定されていないmimeTypesはエラーになります

sup_____文字を上付にする(SUPタグと同じ)
string名.sup()


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

tan_____タンジェント Math.tan(数値) taint_____他のwindowのプロパティを一時的に読めるようにするNN3.0~ taint(dataElementName) taintEnabled_____taintingが可能かどうかをtrue/falesで返すNN3.0~ navigator.taintEnabled() target_____新しいページを読み込むウインドウを指定する 1. form名.target 2. links[index番号].target 3. area名.target NN3.0~ Text_____テキストオブジェクト

<INPUT TYPE="text" NAME="text名" VALUE="textValue" SIZE=integer [onBlur="命令"] [onChange="命令"] [onFocus="命令"] [onSelect="命令"]>
1. text名.propertyName
2. text名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. text名.type NN3.0~ 
6. select名.options[index番号].text NN3.0~ 

text_____セレクトオプションのTEXTを取得/設定する。
1. select名.options[index番号].text
2. option名.text NN3.0~ 

Textarea_____テキストエリアオブジェクト
<TEXTAREA NAME="textarea名" ROWS="integer" COLS="integer" WRAP="off|virtual|physical" [onBlur="命令"] [onChange="命令"] [onFocus="命令"] [onSelect="命令"]> textToDisplay </TEXTAREA>
1. textarea名.propertyName
2. textarea名.methodName(パラメーター)
3. form名.elements[index番号].propertyName
4. form名.elements[index番号].methodName(パラメーター)
5. textarea名.type NN3.0~ 

this_____現在のオブジェクトを参照する
this [ . propertyName ]

title_____TITLEタグで定義されたタイトル文字を読み出します
document.title

toGMTString_____日付形式をGMT形式にする
dateObject名.toGMTString()

toLocaleString_____日付形式をローカル時間形式に変換する
dateObject名.toLocaleString()

toLowerCase_____小文字にする(反対toUpperCase)
string名.toLowerCase()

toolbar_____ツールバーNN4.0~ 
[windowReference.]toolbar.visible= [true, false] | [1, 0]

top_____最上位のウインドウを指します。
1. top.propertyName
2. top.methodName
3. top.frame名
4. top.frames[index番号]

top_____ウインドウ画面上からのレイヤーの位置 ピクセル数
1.document.layers[index番号または"layer名"].top NN4.0~ 

toString_____オブジェクトを文字に変換する
object名.toString(radix) NN3.0~ 

toUpperCase_____大文字にする(反対toLowerCase)
string名.toUpperCase()

type_____各要素のタイプ("button"や"text"など)を返す
NN3.0~ 
1. object名.type
2. mimeTypes[index番号].type 

typeof_____オペランドのタイプを返します
typeof データ NN3.0~ 


|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

unescape_____ASCIIコードを文字列に変換する関数 unescape("文字列") untaint_____taintの許可を取り消すNN3.0~ untaint(dataElementName) userAgent_____ユーザーエージェント ブラウザとマシンの情報を取り出す navigator.userAgent //たとえば Mozilla/3.01 (Macintosh; I; 68K)など URL_____カレント(現在の)URLを返します document.URL UTC_____1990.1.1 00:00:00からのミリ秒(1/1000秒)をGMTで返します Date.UTC(year, month, day [, hrs] [, min] [, sec]) |A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

value_____VALUE属性を操作します 1. object名.value 2. radio名[index番号].value 3. select名.options.[index番号].value 4. NN3.0~ fileUpload名.value 5. NN3.0~ option名.value valueOf_____NN4.0~ objectName.valueOf() var_____変数を宣言するキーワード //省略も可能ですが、関数の中だけに限定して使うローカルとして宣言するときには 明示的にvarを付ける必要があります。 var var名 [ = value ] [ .... , var名 [ = value ] ] visibility_____レイヤーを表示するかどうかの指定NN4.0~ //SHOWは表示,HIDEは隠す,INHERITは親レイヤーに従う 1.document.layers[index番号または"layer名"].visibility= "show" | "hide" | "inherit" vlinkColor_____すでに行ったリンク色 document.vlinkColor void_____ハイパーテキストリンクに式を記述する演算子NN3.0~ <A HREF="javascript:void(expr)">リンク文字など</A> //void(0)でなにも実行しません vspace_____画像と上下のテキスト間のマージン(単位ピクセル) NN3.0~ image名.vspace |A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

while_____条件文がtrueの間命令文をくりかえします while(条件文){命令文} width_____画像の幅を返します(単位ピクセル) NN3.0~ image名.width window_____ウインドウオブジェクト windowVar = window.open("URL", "window名" [,"windowFeatures"]) 1. window.propertyName 2. window.methodName(パラメーター) 3. self.propertyName 4. self.methodName(パラメーター) 5. top.propertyName 6. top.methodName(パラメーター) 7. parent.propertyName 8. parent.methodName(パラメーター) 9. windowVar.propertyName 10. windowVar.methodName(パラメーター) 11. propertyName 12. methodName(パラメーター) width_____objectを省略表記できるようにする width(object){objectを省略した命令文} which_____押されたキーのASCII値かマウス左ボタンは1,右ボタンは3を返すNN4.0~ event.which write_____documentに書く document.write(expression1 [,expression2], ...[,expressionN]) writeln_____documentに書く(最後に改行コード付) document.writeln(expression1 [,expression2], ...[,expressionN])

|A|B|C|D|E|F|G|H|I|J|K|L|M|N|O|P|Q|R|S|T|U|V|W|X|Y|Z|

x_____event発生時のレイヤーx座標数値。LayerXと同じ。NN4.0~ event.x x_____event発生時のレイヤーy座標数値。LayerYと同じ。NN4.0~ event.y


Contents
| CONTENTS
| PART1 これだけ知っていれば大丈夫
| PART2 サンプルの紹介
| PART3 JavaScript言語仕様
| PART4 JavaScriptクイック書式一覧
| PART5 JavaScriptサイト
| オンラインサポートページ(回線をつないでください)


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi