Reference

return
値や式を返します。


書式: return 値または式
例: <SCRIPT> function test1(){ document.forms[0].elements[1].value=test2() } function test2(){ t=document.forms[0].elements[0].value return t*t } </SCRIPT> <FORM> <INPUT TYPE="text"><INPUT TYPE="text"> <INPUT TYPE="button" VALUE=" 押す " onClick="test1()"> </FORM> 左に数値を入力してからクリックすると右に二乗の数値が出ます。 試しに //return t*t として見るとundefinedとでてtest2()からtest1()へ値を返し ていないことがわかります。
Close


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi