Reference

selectedIndex
セレクトオプションの選ばれた(0からはじまる)番号を返す。


書式: 1. select名.selectedIndex 2. select名.options.selectedIndex
例: <SCRIPT> function test(){ alert("選んだのは"+(document.tf.ts.selectedIndex+1)+"番目ですね") alert("textは"+document.tf.ts.options[document.tf.ts.selectedIndex].text) } </SCRIPT> <FORM NAME="tf"> <SELECT NAME="ts"> <OPTION SELECTED>1.山 <OPTION>2.川 <OPTION>3.海 </SELECT> <INPUT TYPE="button" VALUE=" 押す " onClick="test()"> </FORM> optionを選んでからクリックすると選択した番号が、次にtextが表示されます。
Close


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi