Reference

setInterval()
ミリ秒後毎に繰り返し命令を実行する。
setTimeoutは指定したミリ秒を経過後 命令を実行しますがsetIntervalは自動的に命令を繰り返します。 intervalIDはタイマーを途中でキャンセルする時にclearInterval(intervalID)のように使います。ミリ秒は1/1000秒です


書式: intervalID=setInterval("命令", ミリ秒[,arg1,...,argn])
例: <SCRIPT> i=0 function test(){ alert(i) if(i>=2)clearInterval(ID) i++ } </SCRIPT> <FORM NAME="tf"> <INPUT TYPE="button" VALUE=" 押す " onClick="ID=setInterval('test()', 500)"> </FORM> クリックするとalertダイアログが0,1,2と繰り返しでます。 Example:
Close


Maintained by
tato@fureai.or.jp works1997 Toshirou Takahashi