第34回日本保健福祉学会学術集会

第34回 日本保健福祉学会学術集会


開催の趣旨

AI(Artificial Intelligence;人工知能)という言葉が初めて使われたのは、今から65年も前のことです。John McCarthy 教授を筆頭とする4人の発起人が提案書を提出し、1956年の夏にダートマス大学で ” The Dartmouth Summer Research Project on Artificial Intelligence “ というワークショップを開催しました。10人の人工知能研究者が約1か月にわたる討論を展開したことが記されています。それからAIはどんどん進展し、第2次AIブームとよばれた1980年代には医療診断に用いられるまでになりました。その後のコンピュータ性能の向上もあいまって、現在はAI技術の一つであるディープラーニングが保健、医療、福祉の可能性を広げようとしています。AI、ICTをはじめとするテクノロジーの進展は目を見張るものがあります。AIが人の知性を超えるという話題がインターネット上を賑わしたのも過去のできこととなりました。議論の観点も日々多様化しています。
本学術集会は「AI時代の」と冠したテーマを銘打ちましたが、AIに限らないテクノロジーが広げる人の可能性、保健、医療、福祉の未来を、参加者のみなさんとともに考える1日になることを期待しています。時局に鑑み、対面での開催は断念しましたが、オンラインだからこそ広がるものもあろうと思います。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。
(2021年4月22日 渡邉多恵子)

スケジュール

 参加登録期間: 2021年5月01日~9月30日
 ※参加登録者にのみ接続先をお知らせするため、事前登録が必須です。
 一般演題申込: 2021年5月01日~8月13日
 抄録集の配布: 2021年9月20日~9月30日
 接続先ご案内: 2021年9月20日~9月30日


What's new!!

2021/05/22
Topicを更新しました! NEW
2021/05/06
学術集会のFacebookページができました! 
2021/05/04
学術集会のTwitterアカウントができました! 
2021/05/01
参加登録を開始しました。
2021/05/01
演題登録を開始しました。
2021/04/23
学術集会のホームページを公開しました。