UFO目撃と宇宙人遭遇、怪奇事件!(不思議大好きマニアのためのUFOサイト)
日本のUFO遭遇 
 
  目撃したUFOと宇宙人(資料集1)

No.1918001  戻る

小型円盤の残骸を見つけた少女


    
写真左と中:模型による物体の再現。高さは8〜9a、長い方の幅が25a、短い方の幅が18〜18.5aとなる。
写真右:Yさんの取材による、Sさんが目撃体験した実家での目撃場所の再現。Sさんが指さしている白い物体は再現模型。
 
『UFOと宇宙』1975年6月号(No.12)から転載 

No.1923001  戻る

関東大震災の避難者を円盤が誘導



この絵は、レポーターの高坂剋魅さんが、目撃者Kさんの証言と指示に
基づいて(1977年当時)描いたものです。
『UFOと宇宙』1977年8月号(No.25)から転載

No.1930001  戻る

円盤に乗りエジプトのピラミッドとスフィンクスを見た5歳の少年




『UFOcontactee』1985年冬季号(No.91)の挿絵をそのまま転載(イラスト:木原康彦)

No.1948001  戻る

哨戒飛行中のF61戦闘機が砲弾形飛行物体を目撃



「ブルーブックにファイル(No.183)されている目撃者のパイロットが描いたもの」
『ムー』2008年5月号(No.330)に掲載

No.1952001  戻る

F84戦闘機が迎撃訓練中に小型光体につきまとわれた



「ブルーブックにファイル(No.1082)されている目撃の記録カード」
『ムー』2008年5月号(No.330)に掲載

No.1974001  戻る

球体型の大母船を目撃したイラストレーター
●イラストレーターの池田雅行さんは,多数のUFO目撃を体験しています。


◎池田さんが小学校5年生の時に初めて見たフットボール型UFO


 
池田さんが1974年3月15日に新宿駅で目撃したとされる宇宙人


◎池田さんと友人がが1974年11月1日に京王プラザホテルの上空に目撃したUFO母船

          
『UFOと宇宙』(1975年10月号-NO.14)【円盤をよく見る人】から
(上記イラストは,いずれも目撃者・イラストレーターの池田雅行さんはが作成)

No.1974001  戻る

北海道に住む青年が、1mの宇宙人に遭遇し円盤に吸い込まれる



目撃したFさんが描いたもの
              戻る    
 
円盤内に吸いこまれたFさんが描いたもの
いずれも『にっぽん宇宙人白書』(1978年刊行;ユニバース出版社、著者/内野恒隆)から転載

No.1974002a  戻る

夜の海岸に現われた未確認飛行物体

   
(左)飛行物体が進んだコース       (右)物体を絵にしたもの
『UFOと宇宙 コズモ』1974年10月号(No.8)から転載

No.1974002b  戻る

自衛隊戦闘機がUFOと遭遇し墜落!?

資料なし



No.1974003  戻る

ドンブリ型円盤が蔵王山麓に出現、71歳のおばあさんが目撃



Kおばあさんのスケッチ
『UFOと宇宙』1976年10月号(No.20)から転載

No.1974004  戻る

トラックの運転手が宇宙人に遭遇し、その首をすぐかえてやった!?

    
トラックを運転していたFさんが描いた宇宙人と円盤のスケッチ
『UFOと宇宙』1976年6月号(No.18)から転載


No.1974005  戻る

国道4号の道路上にUFOが接近!車4台が急停止! 

 

SさんがスケッチしたUFOの飛行コース
『UFOと宇宙』1976年10月号(No.20)から転載

No.1974006  戻る

アダムスキー型円盤と葉巻型UFOを目撃した高校生


 


上下とも目撃したFくんが撮影したもの

『UFOと宇宙』1975年4月号(No.11)から転載

No.1975001  戻る

ぶどう畑に着陸したUFOに小学生が超接近遭遇

    

          

目撃者の2人がスケッチした宇宙人
  

   

  

  

目撃者の2人がスケッチしたUFO
いずれも『UFOと宇宙』1975年6月号(No.12)から転載 

No.1975002  戻る

保険外交員のおばさんが宇宙人に遭遇



Sさんがスケッチした奇怪な人物
『UFOと宇宙』1983年4月号(No.93)から転載

No.1975003  戻る

東京タワーからUFOを見た少年



『UFOcontactee』1988年夏季号(No.101)から転載

No.1976001  戻る

道路上の不思議な雲を追いかけた小学生



N君が描いた不思議な雲を追いかけたコース
『UFOと宇宙』1979年8月号(No.49)から転載

No.1976002  戻る

地上を走行した宇宙人を目撃



Iさんが描いた宇宙人(左)と車(右)
『UFOと宇宙』1982年9月号(No.86)から転載

No.1976003  戻る

夜空に浮かぶ巨大円盤を近距離から5人が同時目撃


     
左:目撃者3人の証言をもとにしてSさんの父親が描いたもの。右:目撃者Oさん(女性)が2日後に描いた再現図
『UFOと宇宙』1976年4月号(No.17)から転載


No.1977001  戻る

琵琶湖大橋上でUFOに誘拐されていた4人のスタントマン


  

左:4人が誘拐された琵琶湖大橋の位置。右:催眠下のUさんが描いたスケッチ。
『ムー』1984年2,4月号(No.39,41)から転載


No.1977002  戻る

防風林のすぐ上に巨大葉巻型UFOを見た青年


資料1.

Nさんが、1975年9月15日午後3時ごろ恵庭岳(ににわだけ)上空に目撃した葉巻型UFO【Nさんのレポートより】
『UFOと宇宙』1977年12月号(No.29)から転載

資料2. 

Nさんが、1976年5月10日午後3時ごろ自宅付近で目撃した三角型をしたUFO【Nさんのレポートより】
『UFOと宇宙』1977年12月号(No.29)から転載

資料3.
(左)1977年6月7日午後3時ごろ自宅付近の防風林のすぐ上にいた葉巻型UFO【友人のKさんによる絵】
(右)UFOのいた位置と大きさを示すNさん。

 
『UFOと宇宙』1977年12月号(No.29)から転載

資料4.
(左右)友人のKさんがNさんの証言をもとに描いた宇宙人の”ラミュー”氏。
【Nさんは、1977年6月中旬、このラミュー氏に自宅付近で会い、オレンジ色に輝く丸い金属をもらった】
   
『UFOと宇宙』1977年12月号(No.29)から転載

資料5.
(左)Nさんが宇宙人”ラミュー”氏からもらった不思議な金属。
【最初、オレンジ色に輝いていたが、その後普通の金属と同じ白銀色になった。
表面には不思議な文字が刻まれていた。比重は2.67あり、アルミニウムの2.69に非常に近い。
この金属をもらってから、Nさんのまわりに不思議なことが起こり始めた。
Nさんに超能力が加わりスプーン曲げ、テレポテーションができるようになった】

『UFOと宇宙』1977年12月号(No.29)から転載 

資料6.
(左)Nさんが描いた月面の異星人基地(月面には1977年6月24日夜自宅からテレポートした)。
(右)他の日にテレポートした”レティクル座”にある異星人の海底基地。
【金属のおかげでテレポートできるようになったNさんは、いろいろなところにテレポートしたらしい】

  
『UFOと宇宙』1978年1月号(No.30)から転載 

資料7.
(左)宇宙人の”ラミュー”氏が直接描いた円盤内部のイラスト。
(右)”ラミュー”氏の原画をもとにNさんが解説を加えて描いたイラスト。

【ラミュー氏は、Nさんの部屋に直接訪れ、証拠としてUFO内部のイラストを残していったという。
その時、ラミュー氏の使った後のボールペンがねじれていたという】

  
『UFOと宇宙』1978年1月号(No.30)から転載

資料8.
(左)Nさんが描いた新型UFO(文中の木星人は、火星人のまちがいだという)。
(右)友人のKさんがNさんの証言をもとに描いた新型UFO。

【1977年8月16日深夜に、Nさんは新型のUFOに遭遇し搭乗することができた。
UFO中にはラミュー氏と2人の不思議な宇宙人(火星人らしい)がいたという】

  
『UFOと宇宙』1978年2月号(No.31)から転載  
 
資料9.
(左)Nさんが描いた新型UFOの内部(木星とあるのは火星のまちがいだという)。
(右)友人のKさんがNさんの証言をもとに描いた火星人の”キム”さん。

  
『UFOと宇宙』1978年2月号(No.31)から転載 

No.1977003  戻る

巨大なブーメラン状の飛行物体が低空飛行



3人が目撃したUFOのスケッチ
『UFOと宇宙』1979年8月号(No.49)から転載